慶應義塾 創立150周年記念 未来をひらく 福澤諭吉展(福沢諭吉展)

福澤研究センター 都倉武之が語る
福澤展のツボ

« 記憶は建物に宿る |メイン| 慶應義塾をめぐる芸術家たちと大阪 »

再び能古へ…

Img_4645 最後の福岡出張に行って参りました。福岡特別展示のために亀井南冥・昭陽の肖像をお借りした、能古島の能古博物館への作品返却のためです。

 

再びあのフェリーに乗り、乗船10分、能古島はのんびりした別世界です。海が眼前に広がる素晴らしい眺望の部屋で、作品返却は無事終了しました。

Img_4652 帰りは美術館の方のオススメで、一度天ぷらを食してすっかり気に入った「ピーナッツもやし」を買って帰ろうと思っていましたが、ここのところまともに家で調理なんてする時間もない(だいたい天ぷらなんて作ったことがない)と気付き、しかも二日酔いで、一時的に食に関心がなく(笑)、見送り。

 

 

 

 

 

 

Img_4658 雨の予報が吹っ飛んで、ジリジリと照る太陽の下、アイスクリームをなめながら、フェリーが来るまで福岡ドームの方角を眺めました。

 

 

   

 

Img_4671_2 大阪の準備が始まるまで、まだ福岡においてある作品もありますが、これで返却は完全終了。帰りのフェリーでは、少々しんみりした気分になりかけましたが、ふと海上でカーナビを眺めると、矢印が大層不審な動きをしていることに気付き、一体どんな動きを見せるかと眺めているうちに、対岸にたどり着きました。

帰路には、亀井南冥・昭陽先生のお墓参りもようやく済ますことができ、回復した胃袋とともに締めの博多ラーメンで福岡を締めくくりました。

福岡の皆さま、改めまして有り難うございました。福岡市美術館、西日本新聞社、ハダ工芸社はじめ、多くの方に大変お世話になりました。毎夜ラーメンにおつきあい頂いた西日本新聞の方々にはお礼に、三田名物のラーメン二郎にご案内することになっています。ご連絡をお待ちしています(笑)。

2009/06/30 23:09:00
未来をひらく福澤諭吉展 2009 東京,福岡,大阪

最近のエントリー(記事)

ページの先頭へ