慶應義塾 創立150周年記念 未来をひらく 福澤諭吉展(福沢諭吉展)

福澤研究センター 都倉武之が語る
福澤展のツボ

2009年7月
神奈川展図録、大詰め
神奈川展も直前に迫っています。図録の最終校正も綱渡り状態で進んでいます。 大阪と横浜と三田を繋いでの通信をしています。この情報化社会に、なかなかもどかしいものだと、歯がゆい思いをしながら、インターネット、ファックス、電話を駆使してコミュニケーションをしています。 うまく図録が仕上がるか、どうぞ8月2 ・・・

[続きを読む]

2009/07/30 23:31:00
大阪展、準備開始
いよいよ、巡回展の最後になる大阪市立美術館での展示作業がはじまりました。今回は特別展示として、福澤諭吉の大阪時代、とりわけ適塾時代の資料が厚くなっています。ほかに、大阪・徳島・京都にあった慶應義塾の分校に関する展示、関西方面に広がる福澤門下生に関する展示などを加えています。 3度目ともなりますと、慣 ・・・

[続きを読む]

2009/07/29 23:17:00
福澤諭吉と同志社(2)
新島襄が亡くなったとき、福澤の新聞『時事新報』は、社説を掲げています。人々がいたずらに官途を求め、功名栄誉ばかりを追いかける官尊民卑に走り、真の独立ということを顧みない現状の中で、新島は「真の独立の士」であったという内容で、次のようにその死を悼みました。 「今新島氏は今世の流俗に処してその流に流れず ・・・

[続きを読む]

2009/07/25 17:11:14
福澤諭吉と同志社(1)
福澤諭吉の作った学校といえば慶應義塾なのですが、この慶應義塾は、関西では新島襄の同志社との交流が深いようです。スポーツの分野でも「慶同戦」は伝統が長いと聞きます。 ところで、明治時代の教育者としてよく比較される福澤と新島ですが、面会の機会はなかったといわれます。新島はキリスト教を中心にすえた教育を行 ・・・

[続きを読む]

2009/07/23 17:04:00
皆既日食と福澤諭吉(2) ―福澤、日食にこりごり
日食がいよいよ近付きましたが、お天気が今ひとつの予報のようですね。ところで、福澤も日食を観測したことがあるようです。時は明治20年(1887)8月19日、この時は福島県が観測最適地で皆既日食を見られたようですが、東京でも9割9分は欠けるというので、東京人は期待して待っていたところ、午前中は曇天、時に ・・・

[続きを読む]

2009/07/20 23:45:00
三田の不夜城再び
連日夜中まで作業が続いています。昨年11,12月の一時期は、大変な忙しさでしたが、現在も大阪展、神奈川展のダブルパンチに悪戦苦闘中です。大阪での準備開始までおよそ2週間、神奈川展の図録校了まであと10日余り。 ・・・

[続きを読む]

2009/07/15 22:09:00
神奈川展は、東京展と全く違う内容です!!
8月22日より行われる「福澤諭吉と神奈川」展は、1月~3月に東京で行われた「未来をひらく福澤諭吉展」とは全く違う内容です。どうかこの点は誤解のありませんように。 この展覧会は、安政6年(1859)、つまりいまからちょうど150年前に横浜を見物した福澤が、それまで勉強してきたオランダ語を外国人に試して ・・・

[続きを読む]

2009/07/13 18:06:00
皆既日食と福澤諭吉(1)
間もなく日本でも皆既日食が見えるとあって、ちまたでは何かと盛り上がってきているようです。東京でもだいぶ欠けるそうですので、それで満足しようと思っていますが、福澤と皆既日食といえば、『訓蒙窮理図解』(1868年刊)。この本にはご覧のように、日食・月食の仕組みが図入りで紹介されています。 展覧会でも展示 ・・・

[続きを読む]

2009/07/10 23:56:00
慶應義塾をめぐる芸術家たちと大阪
大阪展もいよいよ1か月前となりました。昨日は日帰りの大阪出張でした。この出張にあわせて、中之島の国立国際美術館に参りました。現在慶應義塾創立150年記念関連企画展として「慶應義塾をめぐる芸術家たち」を開催中です(9月23日まで)。 慶應は、造形芸術の制作を専門とする学部を置いていませんが、多くの芸術 ・・・

[続きを読む]

2009/07/02 23:51:00
未来をひらく福澤諭吉展 2009 東京,福岡,大阪

ページの先頭へ