慶應義塾 創立150周年記念 未来をひらく 福澤諭吉展(福沢諭吉展)

福澤研究センター 都倉武之が語る
福澤展のツボ

« 神奈川展は、東京展と全く違う内容です!! |メイン| 皆既日食と福澤諭吉(2) ―福澤、日食にこりごり »

三田の不夜城再び

090715 連日夜中まで作業が続いています。昨年11,12月の一時期は、大変な忙しさでしたが、現在も大阪展、神奈川展のダブルパンチに悪戦苦闘中です。大阪での準備開始までおよそ2週間、神奈川展の図録校了まであと10日余り。

 

 

 

 

 

 

帰路につく頃、足下を注意しないと、蝉の幼虫や羽化したての蝉に出くわしたりします。寒い寒いと震えていた、東京展の表慶館の頃から、あっという間に夏を迎えてしまいました。

2009/07/15 22:09:00
未来をひらく福澤諭吉展 2009 東京,福岡,大阪

最近のエントリー(記事)

ページの先頭へ