慶應義塾 創立150周年記念 未来をひらく 福澤諭吉展(福沢諭吉展)

福澤研究センター 都倉武之が語る
福澤展のツボ

« 福澤諭吉と同志社(2) |メイン| 神奈川展図録、大詰め »

大阪展、準備開始

0907291 いよいよ、巡回展の最後になる大阪市立美術館での展示作業がはじまりました。今回は特別展示として、福澤諭吉の大阪時代、とりわけ適塾時代の資料が厚くなっています。ほかに、大阪・徳島・京都にあった慶應義塾の分校に関する展示、関西方面に広がる福澤門下生に関する展示などを加えています。

3度目ともなりますと、慣れっこになりそうですが、案外そうでもなく、新しい会場、新しい顔ぶれでの展示作業を楽しませていただいています。

0907292 東京展の会場(東京国立博物館表慶館)は築ちょうど100年、福岡市美術館はちょうど30周年、そして今回の大阪市立美術館は、築70年以上。今回の展示ケースには、開館当初からのものも少なくないということで、これまた歴史の重みを感じながら、少々重い扉を開け閉めさせていただいております。

どうぞご期待下さい。

2009/07/29 23:17:00
未来をひらく福澤諭吉展 2009 東京,福岡,大阪

最近のエントリー(記事)

ページの先頭へ