慶應義塾 創立150周年記念 未来をひらく 福澤諭吉展(福沢諭吉展)

福澤研究センター 都倉武之が語る
福澤展のツボ

2009年8月
「カレー」の初出?
福澤の人生最初の単行書である『増訂華英通語』。アメリカで買ってきた中国語-英語対訳の単語短文集に、福澤が簡単な意味や片仮名の発音を付記した本です。 よくカレーライスの「カレー」という語を最初に紹介したのはこの本であると、うんちく本の類に書いてあります。横浜にも似合う話だと思い、今回確かめてみたところ ・・・

[続きを読む]

2009/08/28 13:58:00
ホーイブルクの辞書を探せ
福澤が書いた英語の手紙はほとんど残っていませんが、そのわずかな例の一つを神奈川展で展示しています。それは桂川甫周に宛てた書簡で、以下が全文です。 To Mr. Katoragawa Dear Sir! According the promise I have the honour to send y ・・・

[続きを読む]

2009/08/26 18:03:00
Y150「はじまりの森」特設ブース 期間限定開設中
横浜開港150周年を記念した開国博(Y150)に、神奈川展を紹介する特設ブースを開設中です(~9月4日まで)。クモ型マシン(ラ・マシン)の動き回る周辺にあります。開国博を訪れる方は、ぜひお立ち寄り下さい!! ・・・

[続きを読む]

2009/08/24 9:58:00
神奈川展、開幕!!福澤諭吉を探せ!?
今日よりいよいよ神奈川展が開幕です。今回の福澤展の図録の表紙は、一見すると開港場横浜の古い絵図を背景に福澤が一人たたずんでいる、わりとシンプルな表紙に見えるのですが、よくみると、うじゃうじゃと福澤が歩き回っている姿が隠されています。 ・・・

[続きを読む]

2009/08/23 19:53:00
神奈川展、内覧会開催
本日「福澤諭吉と神奈川展」の内覧会が開催されました。主催三者の代表に加え、松沢県知事もお迎えしてテープカットが行われ、多くの方々にお越し頂きました。 最近「内覧会慣れ」してしまった私は、うかうかして写真を撮るのをさぼってしまい、こんな皆さんの後頭部(うなじ?)だけの写真しかございませんが、多くの方に ・・・

[続きを読む]

2009/08/22 9:47:00
神奈川展、展示作業開始。
「福澤諭吉と神奈川」展の準備が始まりました。くどいようですが、この展覧会は上野で行われ、その後福岡へ行き、さらに現在大阪で開催中の「未来をひらく福澤諭吉展」とは、全く別ものです。図録も新しく制作されました。 今回の会場は「神奈川県立歴史博物館」。建物は明治37年建築の横浜正金銀行本店だったものです。 ・・・

[続きを読む]

2009/08/19 22:32:00
日吉キャンパスの遺跡群
「福澤諭吉と神奈川」展の出品資料をご覧になって、なぜ「三角縁神獣鏡」があるのかと疑問に思われた方もいらっしゃるでしょう。これは福澤が残した慶應義塾と神奈川の関係を紹介するコーナーで展示するものです。 横浜市港北区日吉(日吉キャンパス)と藤沢市遠藤(湘南藤沢キャンパス)にある慶應義塾の二つのキャンパス ・・・

[続きを読む]

2009/08/17 22:10:00
日吉キャンパスの中のアメリカ
慶應義塾日吉キャンパスの戦争の傷跡は、戦後も続きました。昨日ご紹介した海軍による使用と入れ替わりで今度はアメリカ軍が接収してしまったのです。 アメリカ軍は日吉キャンパスを、軍の教育機関や宿舎として使用していたようです。本年、元米兵で日吉にいたという方からご連絡を頂き、写真をお貸しいただきました。米軍 ・・・

[続きを読む]

2009/08/16 22:07:00
慶應義塾の戦争遺跡 日吉台地下壕
慶應義塾の歴史に、戦争は深い傷跡を残しました。多くの学生たちが再び学舎に戻って来ることができず、三田、四谷(信濃町)、そして日吉の3つのキャンパスは、多くの建物を空襲で失うこととなりました。慶應義塾は日本最大の罹災大学といわれています。 こんにち、日常のキャンパス生活を送っていると、目に見える形で戦 ・・・

[続きを読む]

2009/08/15 22:03:00
福澤誕生地の「福澤先生」と「福澤諭吉」
大阪堂島の朝日放送本社ビルは、福澤が生まれた中津藩蔵屋敷の跡地です。この地の堂島川に面した長屋で生まれたといわれています。    いまその場所には何ら面影はありませんが、福澤生誕地であることを示す記念碑があります。この記念碑には変遷があり、昭和4年に最初に建てられたのは、ご覧のように金属製で、犬養毅 ・・・

[続きを読む]

2009/08/14 22:21:00
福澤諭吉、大坂の思い出(4) 御霊神社(ごりょうじんじゃ)で万引きと間違われる
大阪における福澤の青春時代をたどるシリーズの4回目。今回は御霊神社です。 福澤はある時、先輩の松下元芳という医者と、この御霊神社の夜見世に行きました。植木屋がよく出たそうで、冷やかしているうちにある植木屋に「旦那さん悪さをしてはいけまへん」と言われてしまいます。福澤らの汚い身なりをみて万引きと思った ・・・

[続きを読む]

2009/08/11 22:06:00
福澤諭吉、大坂の思い出(3) 願掛けを開封した葭屋橋(よしやばし)
『福翁自伝』の中に次のような話もあります。 …大阪の東北の方に葭屋橋という橋がある、その橋手前の所を築地といって、むかしは誠にいかがな家ばかり並んでいて、マア待合をする地獄屋とでもいうような内実きたない町であったが、その築地の入口の角に、地蔵様か金比羅様か知らん、小さな堂がある。なかなか繁昌の様子で ・・・

[続きを読む]

2009/08/10 22:03:00
福澤諭吉、大坂の思い出(2) 皿を投げ、牛を食べた難波橋(なにわばし)
『福翁自伝』の数ある適塾生の悪い話の中でも、妙に印象に残るのが、難波橋から小皿を投げるという話です。 ある夏の日、夜10時頃になって酒が飲みたくなった福澤たちは、安酒を飲みに出かけます。夜12時も過ぎた頃にひとしきり飲んで帰りはじめ、難波橋の上に来たら、「下流の方で茶船に乗ってジャラジャラ三味線を鳴 ・・・

[続きを読む]

2009/08/08 21:58:00
福澤諭吉、大坂の思い出(1)  気になる場所 道修町(どしょうまち)
福翁自伝の中には、大坂時代の福澤の思い出が生き生きと描かれており、この本の中で最も面白い部分となっています。その中に登場するのが大坂船場の道修町。適塾から数ブロック南に下りた東西に延びる道修町通り沿いの一帯のことです。 ここは、薬種屋が集まっていたため、それらが多くの製薬会社へと成長しました。聞いた ・・・

[続きを読む]

2009/08/06 23:20:00
大阪展は、一番お得!?
「未来をひらく福澤諭吉展」が大阪で開幕いたしました。昨日中には、午前のプレスプレビューに引き続き、午後には平松大阪市長、清家慶應義塾長、清原産経新聞社会長はじめ多くのご来賓と来場者を前に、オープニングセレモニーを開催、テープカットに続いて内覧会が行われました。 福岡に引き続いて中学生以下の来場者には ・・・

[続きを読む]

2009/08/04 23:48:00
展示作業、ほぼ完了
4日開幕の「未来をひらく福澤諭吉展」の展示作業がほぼ完了しました。 29日からの資料・作品陳列、パネルやキャプションの設置が終わり、最後は微調整とライティングの調節が行われました。福澤の居合い刀はもちろん、股引も、イサム・ノグチも丹念に調光がなされました。もちろん第7部の美術品たちも。 ・・・

[続きを読む]

2009/08/01 23:50:00
未来をひらく福澤諭吉展 2009 東京,福岡,大阪

ページの先頭へ