慶應義塾 創立150周年記念 未来をひらく 福澤諭吉展(福沢諭吉展)

福澤研究センター 都倉武之が語る
福澤展のツボ

« 慶應義塾の戦争遺跡 日吉台地下壕 |メイン| 日吉キャンパスの遺跡群 »

日吉キャンパスの中のアメリカ

090816 慶應義塾日吉キャンパスの戦争の傷跡は、戦後も続きました。昨日ご紹介した海軍による使用と入れ替わりで今度はアメリカ軍が接収してしまったのです。

アメリカ軍は日吉キャンパスを、軍の教育機関や宿舎として使用していたようです。本年、元米兵で日吉にいたという方からご連絡を頂き、写真をお貸しいただきました。米軍が使用中の日吉の写真は従来ほとんど知られておらず、わずかに慶應義塾に返還される直前、すでに米軍がほとんど撤収してしまった頃の写真が残っているばかりでした。

 

「福澤諭吉と神奈川」展では、福澤が残した慶應義塾と神奈川の関係を紹介するコーナーで、今回新たにご提供いただいた写真もご紹介する予定です。

2009/08/16 22:07:00
未来をひらく福澤諭吉展 2009 東京,福岡,大阪

最近のエントリー(記事)

ページの先頭へ