慶應義塾 創立150周年記念 未来をひらく 福澤諭吉展(福沢諭吉展)

福澤研究センター 都倉武之が語る
福澤展のツボ

« 横浜展、閉幕間近! |メイン| 展示品たちのその後(1) 資料返却の旅、まっただ中 »

神奈川展閉幕しました!が…

0909231 神奈川県立歴史博物館にて開催の「福澤諭吉と神奈川 ―すべては横浜にはじまる―」は9月23日をもちまして無事終了いたしました。ご来場いただき誠に有り難うございました。

 

 

 

0909232 1月に上野ではじまり、福岡、大阪と巡回した「未来をひらく福澤諭吉展」、そして別個の展覧会としての神奈川展、一連の歴史展はこれをもって終了しますが、会場に足を運ぶ時間がなかったという方のためにも、引き続き インターネットを通じて巡回展・神奈川展とも図録をご購入いただけます ので、ぜひご利用下さい!

 

0909233 シルバーウィークは、横浜全体が大変な熱気を帯びていました。Y150終了間近というだけでなく、こういう休みにご家族そろってちょっとぶらりと訪れてみたくな0909234る魅力が、このヨコハマという街にはあふれているのでしょう。私もこの連休中は、かなり入念に横浜一帯を歩き回り、土地勘を手に入れました。これからも時にふらりと訪れてみたいと思いました。

(画像は、玉楠の木と日本丸)

 

さて、私にとっての展覧会はこれで終了となりますが、歴史展に並んだ品々には、それぞれの「これから」があります。会場に並んだ品々の一部は、今後も場所を変えて皆様の訪れるのをそっとお待ちしていますし、多くは次の出番まで大切に保管されます。これらについても少し皆様にお伝えしておきたいと思います。

といったわけで、あと半月ばかりこのブログも更新が続きます。ご関心のある方は、いましばしお付き合い下さい。

2009/09/23 23:27:00
未来をひらく福澤諭吉展 2009 東京,福岡,大阪

最近のエントリー(記事)

ページの先頭へ