慶應義塾 創立150周年記念 未来をひらく 福澤諭吉展(福沢諭吉展)

福澤研究センター 都倉武之が語る
福澤展のツボ

福澤門下の美術品コレクション
福澤門下の美術品コレクション 見どころ紹介
この展覧会では、福澤の歴史資料展示が大半を占め(第1部~6部)、それで完結しても十分な量があります。しかし、これに加えてガラリと雰囲気を変えた第7部を置き、福澤門下生が蒐集した美術品から選りすぐりの名品を一堂に集め、展示しています。 実業界で活躍した福澤門下生の中には、数寄者として、あるいは美術品の ・・・

[続きを読む]

2009/01/30 23:50:00
秋草文壺 国宝 【作品番号7-139】
【慶應義塾所蔵】作品番号7-139 秋草文壺 国宝 平安時代 12世紀 慶應義塾所蔵昭和28年に陶磁部門での国宝指定第一号の日本陶磁を代表する名品の一つ。昭和17年日吉キャンパス東方約600mの台地の裾で発見され、一帯の考古学調査を進めていた慶應義塾の所蔵となった。             ・・・

[続きを読む]

2009/01/30 23:49:00
青井戸茶碗 銘 蓬莱 【作品番号7-66】
【山口吉郎兵衛(滴翠)旧蔵 1883~1951】作品番号7-66 青井戸茶碗 銘 蓬莱 朝鮮時代 16世紀 個人蔵口縁は丸みをもって内側に抱え込み、高台脇に箆を巡らし大きく開いている。釉は薄青色に枇杷色がまじり、ゆったりとした雰囲気が強い姿ともに印象的である。 ・・・

[続きを読む]

2009/01/30 23:42:00
唐物肩衝茶入 銘「松永」 【作品番号7-49】
【松永安左エ門(耳庵)旧蔵 1875~1971】作品番号7-49 唐物肩衝茶入 銘「松永」 明時代 15-16世紀 福岡市美術館所蔵「松永」の銘は、戦国武将で茶器名物の蒐集で知られる松永弾正少弼久秀の所持に由来する。松永は、平瀬露香旧蔵の本作をその銘に因み昭和33年初頭に入手した。 ・・・

[続きを読む]

2009/01/30 23:40:00
瀬戸奈屋肩衝茶入 【作品番号7-12】
【高橋義雄(箒庵)旧蔵 1861~1937】作品番号7-12 瀬戸奈屋肩衝茶入 安土桃山時代 16世紀 MOA美術館所蔵口が広く、肩先は一文字風に平らで、百目蝋燭の形状に似るところから「蝋燭手」とも呼ばれる。瀬戸釉が種々に発色し、柿色釉と黒釉が錯綜して景色をなしている。          ・・・

[続きを読む]

2009/01/30 23:37:00
色絵金銀菱重茶碗 野々村仁清作 【作品番号7-09】
【益田英作(紅艶)旧蔵 1864~1921】 作品番号7-09 色絵金銀菱重茶碗 野々村仁清作 江戸時代 17世紀 重要文化財 MOA美術館所蔵銀菱文の茶碗に金菱文の茶碗が収まる入子の茶碗。斬新な幾何学的意匠で、胴に菱繋ぎ文を金彩と銀彩で表し、胴裾に蓮弁文を赤、緑、黒の上絵具で描き金彩で括る。内側は ・・・

[続きを読む]

2009/01/30 23:36:00
ととや茶碗 銘 市原 一名秋草 【作品番号7-05】
【益田克徳(非黙)旧蔵 1852~1903】作品番号7-05 ととや茶碗 銘 市原 一名秋草 朝鮮時代 16-17世紀 個人蔵2/3(火)~2/22(日)展示蓋表に「とゝや 市原」と益田鈍翁の墨書がある。山城の鞍馬山口の市原の野辺の秋草に寄せた銘とも言われている。覆い紙の裏には「とゝや 市原 旧姫路 ・・・

[続きを読む]

2009/01/30 23:34:00
利休丸壺茶入 大名物 重要美術品 【作品番号7-02】
【朝吹英二(柴庵)旧蔵 1850~1918】作品番号7-02 利休丸壺茶入 大名物 重要美術品 南宋~元時代 13-14世紀 香雪美術館所蔵中国南部産の典型的な丸壺茶入で、千利休所持からこの名がある。濃紫色に発色した鉄釉の上にむらのある黄褐色の釉薬が施され、円形の釉抜けあって見所をつくる。 ・・・

[続きを読む]

2009/01/30 23:32:00
ページの先頭へ