慶應義塾 創立150周年記念 未来をひらく 福澤諭吉展(福沢諭吉展)

福澤研究センター 都倉武之が語る
福澤展のツボ

慶應義塾と福澤
福澤門下生の孫からの手紙
福岡展もいよいよ残すところあと一週間となりました。 金曜日には竹中平蔵氏、本日は小川原正道氏の講演会が行われました。私もしばらく福岡をご無沙汰致しておりまして、細麺のラーメンやモツの食感が恋しくなっております。 さて、先日長崎県からお越しになり、たまたま会場でお会いした方からお手紙を頂きました。その ・・・

[続きを読む]

2009/06/07 22:45:00
石坂浩二氏、大いに語る
本日は、福澤展記念講演会として俳優の石坂浩二さんを講師にお迎えしました。石坂さんは本展のイヤホンガイドのナレーションも担当して頂いています。 石坂さんは、俳優だけでない現在の幅広い活動の原点が中学(慶應義塾普通部)時代にあったことを、ユーモアたっぷりにお話しになりました。福澤諭吉を学ぶ時間が授業にあ ・・・

[続きを読む]

2009/05/13 23:08:00
幻のユニコン展示計画と『学問のすゝめ』
慶應義塾のマスコットに2匹のユニコンというのがあります。昔三田にあった大講堂という建物のバルコニーに設置されていた彫刻が由来です。 写真の建物が大講堂。大正4年(1915)完成で、東大の安田講堂や早稲田の大隈講堂などにさきがけた大学の大型講堂であり、なおかつ東京で有数の文化施設でした。しかし大正12 ・・・

[続きを読む]

2009/04/09 21:11:00
福澤諭吉と福澤先生
いよいよ展覧会も最後の2日を残すだけとなりました。この展覧会の開催中、慶應義塾とは関係がない一般の方から、時々尋ねられたのは、慶應において福澤はやはり今でも「福澤先生」なのか、ということです。 御存知の方もいらっしゃるかと思いますが、慶應義塾の公式な呼称では、今でも「先生」は福澤一人で、他はみんな文 ・・・

[続きを読む]

2009/03/06 23:55:00
残り一週間となりました!
「福澤諭吉展」会期が残り一週間となりました。これまでに実に多くの方に足を運んで頂き、有り難うございました。慶應義塾の関係者も、そうでない方にも、それぞれに何かを考えるきっかけとなってくれていればと思っております。 ところで、慶應義塾の小中高校などではクラス単位・学年単位での観覧がありましたが、慶應義 ・・・

[続きを読む]

2009/03/02 20:06:00
上原良司「所感」 ――「国賊福澤諭吉」の時代
福澤が「国賊」と言われた時代がありました。昭和戦前・戦中の時期です。慶應義塾は「国賊福澤諭吉」の創立した「自由主義者の巣窟」と、いわれたといいます。自粛自粛、統制統制という波の中で、自由主義などというのは禁句という空気が満ちていました。そのことと関連して、特攻隊で亡くなった上原良司(うえはら・りょう ・・・

[続きを読む]

2009/01/29 23:09:00
スポ根と「陸の王者」
箱根駅伝の第5区、柏原君の走りは凄かったですね。個人的には、早稲田の第4区を走ったルーキーの1人「早稲田の三田(みた)」という響きに、敏感に反応してしまいました。 ものの本を繙くと、慶應義塾大学も昭和7年(1932)に、箱根駅伝総合優勝を飾っているとのこと。最近の慶應義塾スポーツ事情について語りはじ ・・・

[続きを読む]

2009/01/06 22:31:00
先人を想う機会
今日は慶應義塾関係役員・教職員物故者慰霊祭でした。創立150年といって一年お祭りをしてきたので、それを締めくくる行事として、すでに亡くなられた関係者に感謝を捧げるものです。直接は、創立125年以降の物故者を対象としていたようですが、同時に今までのすべての関係者に対して思いを致す機会でありました。 歴 ・・・

[続きを読む]

2008/12/13 12:13:00
慶應義塾関係者にとっての福澤展
今回の福澤諭吉展は「慶應義塾創立150年記念」ではありますが、あくまで福澤を近代史の中に位置づけるものであって、慶應義塾の内輪のイベントにならないよう、意を砕いています。といいつつ、今回は少々、義塾の創立150年についても書かせて下さい。   ・・・

[続きを読む]

2008/11/08 23:56:00
ページの先頭へ