慶應義塾 創立150周年記念 未来をひらく 福澤諭吉展(福沢諭吉展)

福澤研究センター 都倉武之が語る
福澤展のツボ

福澤の故郷 九州
再び能古へ…
最後の福岡出張に行って参りました。福岡特別展示のために亀井南冥・昭陽の肖像をお借りした、能古島の能古博物館への作品返却のためです。 再びあのフェリーに乗り、乗船10分、能古島はのんびりした別世界です。海が眼前に広がる素晴らしい眺望の部屋で、作品返却は無事終了しました。 ・・・

[続きを読む]

2009/06/30 23:09:00
撤収風景点描
閉幕の翌日から開始された撤収作業も、今日でほぼ一段落。会場はケースを残してがらんどうになりました。 ご覧の芸術的な「諭吉」は入口ホールに設置されていた看板を、施工業者の方が試みにはがし始めて(?)生み出された芸術的な風景。最初は、ナントえげつないと思ったこの金箔の背景も、今ではすっかり麻痺し、自分の ・・・

[続きを読む]

2009/06/16 22:52:00
撤収中
会場の撤収作業中です。本日の作業で、展示資料・作品はすっかり元の箱に収まりました。残りはパネルやキャプションだけ。          ・・・

[続きを読む]

2009/06/15 22:48:00
福岡展、閉幕
福岡市美術館で5月2日より開催されていた「未来をひらく福澤諭吉展」福岡会場は、本日をもって閉幕いたしました。多くの方に足をお運びいただき、誠に有り難うございました。 閉幕近くなって、にわかに人気を増したのは、ロビーに設置されていた『学問のすゝめ』初編版木の実物大記念スタンプ。「君も福澤屋諭吉になろう ・・・

[続きを読む]

2009/06/14 22:43:00
九州・山口各県の福澤山脈・福澤人脈  山口県
大分出身の福澤ですから、九州にはゆかりの深い人がたくさんいます。大隈重信との友情や、西郷隆盛との関係については、このブログでも紹介し、会場でも展示品があります。多くの福澤ゆかりの九州・山口人の中で、ここでは各県一人ずつご紹介しましょう。 山口県伊藤欽亮(いとうきんすけ)1857~1928萩出身の門下 ・・・

[続きを読む]

2009/05/20 22:49:18
九州・山口各県の福澤山脈・福澤人脈  福岡県
大分出身の福澤ですから、九州にはゆかりの深い人がたくさんいます。大隈重信との友情や、西郷隆盛との関係については、このブログでも紹介し、会場でも展示品があります。多くの福澤ゆかりの九州・山口人の中で、ここでは各県一人ずつご紹介しましょう。 福岡県七里恒順(しちりこうじゅん)1835~1900博多万行寺 ・・・

[続きを読む]

2009/05/20 22:47:11
九州・山口各県の福澤山脈・福澤人脈  長崎県
大分出身の福澤ですから、九州にはゆかりの深い人がたくさんいます。大隈重信との友情や、西郷隆盛との関係については、このブログでも紹介し、会場でも展示品があります。多くの福澤ゆかりの九州・山口人の中で、ここでは各県一人ずつご紹介しましょう。 長崎県長与専斎(ながよせんさい)1838~1902大村出身。大 ・・・

[続きを読む]

2009/05/20 22:45:28
九州・山口各県の福澤山脈・福澤人脈  佐賀県
大分出身の福澤ですから、九州にはゆかりの深い人がたくさんいます。大隈重信との友情や、西郷隆盛との関係については、このブログでも紹介し、会場でも展示品があります。多くの福澤ゆかりの九州・山口人の中で、ここでは各県一人ずつご紹介しましょう。 佐賀県林毅陸(はやしきろく)1872~1950唐津市(旧肥前町 ・・・

[続きを読む]

2009/05/20 22:43:41
九州・山口各県の福澤山脈・福澤人脈  大分県
大分出身の福澤ですから、九州にはゆかりの深い人がたくさんいます。大隈重信との友情や、西郷隆盛との関係については、このブログでも紹介し、会場でも展示品があります。多くの福澤ゆかりの九州・山口人の中で、ここでは各県一人ずつご紹介しましょう。 大分県小幡英之助(おばたえいのすけ)1850~1909中津出身 ・・・

[続きを読む]

2009/05/20 22:41:06
九州・山口各県の福澤山脈・福澤人脈  熊本県
大分出身の福澤ですから、九州にはゆかりの深い人がたくさんいます。大隈重信との友情や、西郷隆盛との関係については、このブログでも紹介し、会場でも展示品があります。多くの福澤ゆかりの九州・山口人の中で、ここでは各県一人ずつご紹介しましょう。 熊本県本山彦一(もとやまひこいち)1853~1932熊本出身。 ・・・

[続きを読む]

2009/05/20 22:39:38
九州・山口各県の福澤山脈・福澤人脈  宮崎県
大分出身の福澤ですから、九州にはゆかりの深い人がたくさんいます。大隈重信との友情や、西郷隆盛との関係については、このブログでも紹介し、会場でも展示品があります。多くの福澤ゆかりの九州・山口人の中で、ここでは各県一人ずつご紹介しましょう。 宮崎県内藤政挙(ないとうまさたか)1852~1927延岡藩の最 ・・・

[続きを読む]

2009/05/20 22:36:04
九州・山口各県の福澤山脈・福澤人脈  鹿児島県
大分出身の福澤ですから、九州にはゆかりの深い人がたくさんいます。大隈重信との友情や、西郷隆盛との関係については、このブログでも紹介し、会場でも展示品があります。多くの福澤ゆかりの九州・山口人の中で、ここでは各県一人ずつご紹介しましょう。 鹿児島県山名次郎(やまなじろう)1864~1957鹿児島出身の ・・・

[続きを読む]

2009/05/20 22:34:32
九州・山口各県の福澤山脈・福澤人脈  沖縄県
大分出身の福澤ですから、九州にはゆかりの深い人がたくさんいます。大隈重信との友情や、西郷隆盛との関係については、このブログでも紹介し、会場でも展示品があります。多くの福澤ゆかりの九州・山口人の中で、ここでは各県一人ずつご紹介しましょう。 沖縄県太田朝敷(おおたちょうふ)1865~1938 那覇出身。 ・・・

[続きを読む]

2009/05/20 22:30:52
会場だけのお楽しみ
福澤展会場ロビーに、ご覧のような特大ハンコが設置されています。これは『学問のすすめ』初編のカタカナ版(明治6年刊)の冒頭ページの版木の印字を刻んだもので、この版木の実物は会場に展示されています。ご来場の方は、ぜひこのハンコを記念に捺してお帰り下さい。       ・・・

[続きを読む]

2009/05/19 23:16:00
特製サイコロダウンロード
福澤展は、小中学生の入場はタダです。その上『学問のすすめノート』が無料配布されています。このノートは展示の見どころを子供だけでなく大人にも楽しめるよう圧縮したものです。ぜひ、お出かけの際はお子様連れで!中身はこちらから、のぞいて頂けます。 このノートには福澤の前半生をたどることが出来るすごろくがつい ・・・

[続きを読む]

2009/05/16 22:14:00
石坂浩二氏、大いに語る
本日は、福澤展記念講演会として俳優の石坂浩二さんを講師にお迎えしました。石坂さんは本展のイヤホンガイドのナレーションも担当して頂いています。 石坂さんは、俳優だけでない現在の幅広い活動の原点が中学(慶應義塾普通部)時代にあったことを、ユーモアたっぷりにお話しになりました。福澤諭吉を学ぶ時間が授業にあ ・・・

[続きを読む]

2009/05/13 23:08:00
「読めない」
福澤展は、文字資料が多いので、そのままでは一般の方には読めないものが多く、読み下しを多く設置しています。休館日の今日は、新たに読み下しを一つ増やしました。 それは慶應義塾在学中に学徒出陣を迎え、特攻で亡くなった上原良司の有名な遺書「所感」。東京展の際は、「少し読みにくいかもしれませんが、自筆の文字を ・・・

[続きを読む]

2009/05/11 20:21:00
リンボウ先生ご講演
昨日は千住真理子さんの講演、今日は林望さんの講演と続きました。 林望さんは「福澤諭吉の見ていたもの」と題し、女性論・家族論をテーマにお話しされ、独特の調子で痛快に福澤の「異端」さをお話しされました。福澤の文章の調子を楽しみながら、同時代の中で福澤の置かれていた立場、その中で福澤の言っていたことがどれ ・・・

[続きを読む]

2009/05/10 20:17:00
女の子と福澤の写真、レプリカ制作
現在福岡展に展示中の福澤諭吉とサンフランシスコの写真屋の娘の有名なツーショット。この写真は、型破りな写真として大変有名ですが、1点しかないものですから、なかなか実物を多くの方にご覧頂くことが出来ません。今回は滅多にない機会ですので、ぜひご覧頂きたいと思います。 ・・・

[続きを読む]

2009/05/09 17:49:00
方言と福澤諭吉
一週間にわたって展示作業にあたり、福岡を堪能させていただきました。中でも最初の数日は博多弁にどっぷり。 といいますのは、作業を担当して下さる美術品専門業者が地元の方ばかり。体育会系というか職人肌の方ばかりで、方言も念が入っています。周りがみんなこういう方々で、東京から行った者はほとんどいませんので、 ・・・

[続きを読む]

2009/05/05 22:16:00
内覧会を開催
連日の準備作業も終わり、ついにお披露目となりました。展示品が非常に多いため、ギリギリまでキャプションの誤字修正がありましたが、何とかオープンを迎えることができ、感無量です。 夕方には報道関係者向けのプレビュー。その後福岡市美術館・永松館長、西日本新聞社・川崎社長、慶應義塾・安西塾長によるテープカット ・・・

[続きを読む]

2009/05/01 23:46:00
準備がほぼ整いました。
本格的な会場準備も4日目となり、準備がほぼ整いました。本展の中でも最も貴重な展示物の1つ、グーテンベルク聖書も今日午後に無事展示が終わり、音声ガイドや売店の設営も終了。わずかの修正のほか、あとは開幕を待つばかりです。 ご覧のように、あちこっちに派手に展開されていた大量の段ボール箱もきれいに片付けられ ・・・

[続きを読む]

2009/04/30 20:22:00
座像が鎮座
彫刻家・大熊氏広が制作した福澤諭吉の座像が、展覧会場入口に設置されました。福澤諭吉展の大看板を背後に鎮座まします福澤像は、ナカナカ存在感があり、ミモノです。 福澤生前に作られたものですが、彼自身は、これが人目に触れることを嫌い、隠してしまったと言われています。東京に次いで今度は福岡まで運ばれ、しかも ・・・

[続きを読む]

2009/04/28 23:53:00
資料、福岡に到着
昨日、雨の三田を出発した資料が、本日福岡に到着。私も本日より福岡入りして資料を出迎えました。 5月1日の内覧会まで、急ピッチの作業となります。会場の内装はすでに完成。カラフルな会場に資料が並び、キャプションが並ぶと、どんな風景が出来上がるのか、これからの数日が楽しみです。    ・・・

[続きを読む]

2009/04/26 23:50:00
福岡への搬送を待つ資料
東京展終了後、某所で静かに次の出番を待っている資料たち。そろそろ次の出番に向かいます。 今日は、福岡での特別出品資料の梱包が行われ、あとは搬出を待つばかりとなりました。福岡では、九州と福澤のゆかりについて、とくに掘り下げる資料を特別出品(福岡だけ展示)します。 ・・・

[続きを読む]

2009/04/22 22:31:00
能古島へ渡る。
本日は、志賀島の隣に浮かぶ能古島に渡り、能古博物館から資料を拝借。 能古島へは姪浜の能古渡船場よりフェリーで10分。料金は片道220円。資料運搬のため日通のルートバンも乗船しました。海上に出ると背後に福岡タワーとヤフードーム。夜景はさぞきれいでしょう。 ・・・

[続きを読む]

2009/04/18 17:58:00
ふたたび福岡。
いよいよ展覧会の設営開始も迫り、事前準備も大詰めです。 2泊3日でまた福岡に参りまして、福岡市美術館で缶詰になり、キャプション作成、パネル作成、展示図面の確認などを行いました。市内でもポスターをちらほら見かけるようになりました。東京展とは違うこのド派手なポスター、なかなかのインパクトを振りまいていま ・・・

[続きを読む]

2009/04/17 17:53:00
特別付録をやってみる。
中学生以下に無料配布の「諭吉ノート」。その特別付録は、「学問のすすめすごろく」。 このすごろくでは、福澤諭吉が大坂で生まれてから中津、長崎、大坂と進んで江戸に出て、外国をめぐって、明治維新を迎え、そして『学問のすゝめ』を出版するまでの生涯を勉強できてしまいます。結構気の利いた出来になったと思いますの ・・・

[続きを読む]

2009/04/15 17:49:00
中津の福澤旧邸の銅像もお色直し
大分県中津市には、かつて福澤が住んでいた家が残っており、記念館があります。福岡展のために資料をお借りするため、先日お訪ねしたことはこのブログでもご報告いたしました。その福澤旧邸から、福澤銅像のお色直しのニュースが届きました。 ご覧の写真は、戦後およそ60年の風雪を経て、傷んで変色し、酸性雨で涙を流し ・・・

[続きを読む]

2009/04/13 21:54:00
福澤諭吉と大隈重信の友情
東京では、早稲田大学の創立者大隈重信と福澤の関係を示す資料をあまり展示することが出来ませんでした。福岡では、大隈の出身地佐賀が近いこともありますので、二人の友情を示す資料を追加展示します。 大隈と福澤がはじめて会ったのは、明治の初めだったらしいのですが、よくわかっていません。大隈によれば、会うまでは ・・・

[続きを読む]

2009/04/07 19:36:00
福岡だけの特別出品情報
福岡での福澤諭吉展では、九州方面に関係の深い資料が充実します。特別出品コーナーの概略を簡単にご紹介しましょう。 ○福澤の死と九州の人々 明治34年(1901)に福澤が亡くなったとき、日本中・世界各地から弔電や弔辞が無数に届きました。その中には、もちろん九州から届いたものも多くあります。山口、福岡、沖 ・・・

[続きを読む]

2009/04/01 21:01:00
中学生以下無料配布!!『学問のすゝめノート』編集中
福岡会場では、中学生以下の来場者のために無料の学習帳をお配りします!この学習帳を手にすれば、福澤展のエッセンスが小中学生にもわかりやすく解説されています。 中学生以下は入場無料ですから、二度おいしい展覧会になります!ぜひぜひ、学校やクラス、またご家族連れでのご来場にご活用下さい! ・・・

[続きを読む]

2009/03/29 17:19:00
中津から資料を借用
福岡展の準備が忙しくなってきました。本日は大分県中津にいます。 中津は福澤諭吉の故郷であり、今でも彼の家が残っています。福澤は中津の古さがイヤで青年時代に飛び出したように自伝に書いていますが、実は常に故郷のことを忘れがたく、何かというと気にかけました。『学問のすゝめ』という本も最初は中津の人々のため ・・・

[続きを読む]

2009/03/26 17:10:00
金印と福澤諭吉
2泊3日の福岡滞在中、福澤展「九州バージョン」の情報収集のために、様々なところに行って参りました。もちろん、ラーメン屋ともつ鍋屋にも。 「ああ、これも福岡に繋がっている」と思うことがいろいろありました。ちょっと面白い発見は、福岡市に属する志賀島で発見された、かの有名な金印のこと。福澤と金印がちょっと ・・・

[続きを読む]

2009/02/14 22:55:00
九州展、記者発表
本日、福澤展の次の会場である福岡市美術館にて、展覧会開催の記者発表会が行われました。 九州を舞台とする次の展覧会は、福岡城下の福岡市美術館が会場です。ここでは、九州と福澤の関連も掘り下げる展覧会にしたいと思っています。会期は5月2日(土)から6月14日(日)です。 発表会には、福岡市美術館生田館長、 ・・・

[続きを読む]

2009/02/12 23:49:00
未来をひらく福澤諭吉展 2009 東京,福岡,大阪

最近のエントリー(記事)

ページの先頭へ