慶應義塾 創立150周年記念 未来をひらく 福澤諭吉展(福沢諭吉展)

福澤研究センター 都倉武之が語る
福澤展のツボ

☆ 横浜 人生を変えた地
神奈川展閉幕しました!が…
神奈川県立歴史博物館にて開催の「福澤諭吉と神奈川 ―すべては横浜にはじまる―」は9月23日をもちまして無事終了いたしました。ご来場いただき誠に有り難うございました。 1月に上野ではじまり、福岡、大阪と巡回した「未来をひらく福澤諭吉展」、そして別個の展覧会としての神奈川展、一連の歴史展はこれをもって終 ・・・

[続きを読む]

2009/09/23 23:27:00
横浜展、閉幕間近!
神奈川県立歴史博物館で開催中の「福澤諭吉と神奈川―すべては横浜にはじまる」は、この「シルバーウィーク」でフィナーレを迎えます(23日が最終日)。どうぞお忘れなくご観覧下さい。また、ぜひ巡回展とは別に新たな資料を収録した図録のお求めもお忘れなく。 神奈川展は、単に地理的な神奈川と福澤の関連をご紹介する ・・・

[続きを読む]

2009/09/20 23:31:00
福澤クイズ100問公開中
福澤諭吉及び福澤と神奈川の関係を知るクイズ100問を公開中です。ごく簡単な問題からかなりマニアックな問題まで、取りそろえております。 福澤展をくまなくご覧頂き、図録および本ブログも丁寧にご覧頂くと、どこかに答えが出ているものがほとんどです。が、それでも答えのでないマニアックな問題も数問あるかもしれま ・・・

[続きを読む]

2009/09/13 9:59:00
小泉信吉弔詞のナゾ
福澤諭吉が最も愛した門下生の一人で、横浜正金銀行副頭取、慶應義塾長を務めた小泉信吉は明治27年(1894)12月に急逝しました。その時、福澤は弔文の弔詞をしたためています。 この弔詞は小泉家で大切に伝えられ、長男信三(のちに慶應義塾長、東宮(今上天皇)御教育参与を務めたことでも有名)が所有していまし ・・・

[続きを読む]

2009/09/11 22:42:00
福澤諭吉、横浜を見下ろす。
1859年、福澤がどのようなルートで横浜に来たのかということについて、今回の展覧会の準備でいろいろと議論がありました。神奈川宿から渡し船を使ったという可能性もあるようですが、おそらく、開港に向けて突貫工事で作られた横浜道をたどったのだろうと想像されます。道を順当にたどったとすると、野毛の切り通しにた ・・・

[続きを読む]

2009/09/07 9:00:00
神奈川展図録のご紹介
神奈川展は、東京上野、福岡、大阪の3か所を回った福澤展とは全く違う内容です、と繰り返し書いてきましたが、神奈川展のために作られた今回の図録もぜひご覧頂ければと思います。 今回の図録は、巡回展の塊のような図録とは違い、128ページ、1500円と大変お手頃です。神奈川展で展示されている資料(3か所を巡回 ・・・

[続きを読む]

2009/09/01 17:21:00
「カレー」の初出?
福澤の人生最初の単行書である『増訂華英通語』。アメリカで買ってきた中国語-英語対訳の単語短文集に、福澤が簡単な意味や片仮名の発音を付記した本です。 よくカレーライスの「カレー」という語を最初に紹介したのはこの本であると、うんちく本の類に書いてあります。横浜にも似合う話だと思い、今回確かめてみたところ ・・・

[続きを読む]

2009/08/28 13:58:00
ホーイブルクの辞書を探せ
福澤が書いた英語の手紙はほとんど残っていませんが、そのわずかな例の一つを神奈川展で展示しています。それは桂川甫周に宛てた書簡で、以下が全文です。 To Mr. Katoragawa Dear Sir! According the promise I have the honour to send y ・・・

[続きを読む]

2009/08/26 18:03:00
Y150「はじまりの森」特設ブース 期間限定開設中
横浜開港150周年を記念した開国博(Y150)に、神奈川展を紹介する特設ブースを開設中です(~9月4日まで)。クモ型マシン(ラ・マシン)の動き回る周辺にあります。開国博を訪れる方は、ぜひお立ち寄り下さい!! ・・・

[続きを読む]

2009/08/24 9:58:00
神奈川展、開幕!!福澤諭吉を探せ!?
今日よりいよいよ神奈川展が開幕です。今回の福澤展の図録の表紙は、一見すると開港場横浜の古い絵図を背景に福澤が一人たたずんでいる、わりとシンプルな表紙に見えるのですが、よくみると、うじゃうじゃと福澤が歩き回っている姿が隠されています。 ・・・

[続きを読む]

2009/08/23 19:53:00
神奈川展、内覧会開催
本日「福澤諭吉と神奈川展」の内覧会が開催されました。主催三者の代表に加え、松沢県知事もお迎えしてテープカットが行われ、多くの方々にお越し頂きました。 最近「内覧会慣れ」してしまった私は、うかうかして写真を撮るのをさぼってしまい、こんな皆さんの後頭部(うなじ?)だけの写真しかございませんが、多くの方に ・・・

[続きを読む]

2009/08/22 9:47:00
神奈川展、展示作業開始。
「福澤諭吉と神奈川」展の準備が始まりました。くどいようですが、この展覧会は上野で行われ、その後福岡へ行き、さらに現在大阪で開催中の「未来をひらく福澤諭吉展」とは、全く別ものです。図録も新しく制作されました。 今回の会場は「神奈川県立歴史博物館」。建物は明治37年建築の横浜正金銀行本店だったものです。 ・・・

[続きを読む]

2009/08/19 22:32:00
日吉キャンパスの遺跡群
「福澤諭吉と神奈川」展の出品資料をご覧になって、なぜ「三角縁神獣鏡」があるのかと疑問に思われた方もいらっしゃるでしょう。これは福澤が残した慶應義塾と神奈川の関係を紹介するコーナーで展示するものです。 横浜市港北区日吉(日吉キャンパス)と藤沢市遠藤(湘南藤沢キャンパス)にある慶應義塾の二つのキャンパス ・・・

[続きを読む]

2009/08/17 22:10:00
日吉キャンパスの中のアメリカ
慶應義塾日吉キャンパスの戦争の傷跡は、戦後も続きました。昨日ご紹介した海軍による使用と入れ替わりで今度はアメリカ軍が接収してしまったのです。 アメリカ軍は日吉キャンパスを、軍の教育機関や宿舎として使用していたようです。本年、元米兵で日吉にいたという方からご連絡を頂き、写真をお貸しいただきました。米軍 ・・・

[続きを読む]

2009/08/16 22:07:00
慶應義塾の戦争遺跡 日吉台地下壕
慶應義塾の歴史に、戦争は深い傷跡を残しました。多くの学生たちが再び学舎に戻って来ることができず、三田、四谷(信濃町)、そして日吉の3つのキャンパスは、多くの建物を空襲で失うこととなりました。慶應義塾は日本最大の罹災大学といわれています。 こんにち、日常のキャンパス生活を送っていると、目に見える形で戦 ・・・

[続きを読む]

2009/08/15 22:03:00
神奈川展図録、大詰め
神奈川展も直前に迫っています。図録の最終校正も綱渡り状態で進んでいます。 大阪と横浜と三田を繋いでの通信をしています。この情報化社会に、なかなかもどかしいものだと、歯がゆい思いをしながら、インターネット、ファックス、電話を駆使してコミュニケーションをしています。 うまく図録が仕上がるか、どうぞ8月2 ・・・

[続きを読む]

2009/07/30 23:31:00
三田の不夜城再び
連日夜中まで作業が続いています。昨年11,12月の一時期は、大変な忙しさでしたが、現在も大阪展、神奈川展のダブルパンチに悪戦苦闘中です。大阪での準備開始までおよそ2週間、神奈川展の図録校了まであと10日余り。 ・・・

[続きを読む]

2009/07/15 22:09:00
神奈川展は、東京展と全く違う内容です!!
8月22日より行われる「福澤諭吉と神奈川」展は、1月~3月に東京で行われた「未来をひらく福澤諭吉展」とは全く違う内容です。どうかこの点は誤解のありませんように。 この展覧会は、安政6年(1859)、つまりいまからちょうど150年前に横浜を見物した福澤が、それまで勉強してきたオランダ語を外国人に試して ・・・

[続きを読む]

2009/07/13 18:06:00
神奈川展、図録でカンヅメ
神奈川展でも新しく別の図録を作ります。本日はその編集作業で、関係者が一日神奈川県立歴史博物館にカンヅメとなりました。 ・・・

[続きを読む]

2009/06/24 22:48:00
神奈川展も準備中
福岡展が終わり、大阪展の準備が進んでいますが、一方で神奈川県立歴史博物館での「福澤諭吉と神奈川展」も急ピッチで作業が進んでいます。 先日は、図録のための写真撮影を行いました。神奈川展は、安政6年(1859)、開港間もない横浜を訪れた福澤が、オランダ語から英語の学習へと転向するところから始まります。そ ・・・

[続きを読む]

2009/06/22 17:21:00
未来をひらく福澤諭吉展 2009 東京,福岡,大阪

ページの先頭へ