慶應義塾 創立150周年記念 未来をひらく 福澤諭吉展(福沢諭吉展)

一部をご紹介します
展示品情報

メイン| 図書館からの出品 »

高橋誠一郎コレクション  計12点

 ※ 展示会場、展示作品、展示期間にご注意ください。

  元慶應義塾図書館長であり、文部大臣・日本芸術院院長等を歴任した高橋誠一郎は福澤諭吉の門下生の一人であり、重商主義経済学説の権威である経済学者として、昭和57年に97歳の生涯を終えています。氏が生前に収集した浮世絵1500点のコレクションは、確かな鑑賞眼によって集められたと評判も高く、保存状態も大変良好に保たれています。

  今回は、氏が幼少時代から親しんだ月岡芳年と歌川広重の作品をご紹介します。広重は、著名な「東海道五十三次」を、芳年は、月をテーマに物語などから題材を求めた「月百姿」を展示公開します。なお、浮世絵は非常にデリケートな作品であるため、2週間ごとの作品の展示替えを予定しています。

<コメントの場合>
・本サイトに直接書き込みをする場合は、「コメント」機能をお使いください。

  • ◆お名前は必入力ですが、匿名(ニックネーム)でもけっこうです。
  • ◆メールアドレスは必入力です。ご記入内容の確認が必要になった場合に連絡先として使わせていただきます。
  • ◆「URL」は、必入力ではありません。ご記入いただいた内容の確認等のために当方が参照できるサイトがある場合はご記入ください。
  • ◆「この情報を登録する」はチェック不要です。チェックした場合は、ご自身のPCに情報が保存され、次回以降の入力の際に再利用できます。

<トラックバックの場合>
・ご自身のブログにお書きになった内容へのリンクをする場合は、下部に表示した「トラックバックURL」を使ってください。

2008/12/10 17:38:24

コメント一覧

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.typepad.jp/t/trackback/239831/17391078

トラックバック一覧

未来をひらく福澤諭吉展 2009 東京,福岡,大阪

最近のエントリー(記事)

カレンダー

2009年10月

S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ページの先頭へ