慶應義塾 創立150周年記念 未来をひらく 福澤諭吉展(福沢諭吉展)

展覧会 関連情報
2009年に、東京・福岡・大阪・横浜で開催

« 第1回環境共生・安全システムデザインに関する国際シンポジウムで、福澤展を大学院生が紹介 |メイン| 展覧会の責任者 前田 富士男教授からのメッセージ »

観覧後アンケートでいただいたメッセージ その2

展覧会観覧後にお願いしているアンケートにご記入いただいた感想・コメントの一部を紹介させていただきます。

  • ◆ご観覧日 1月18日(日)
    ◆満足度  満足した
    ◆印象に残った展示 第7部 たしかめる共感 福澤門下生による美術コレクション
    ◆ご感想、コメント 
    諭吉の表立った学問や実業の世界は色々と知識がありましたが、家族思いの面は初めて知りました。乳母車が素敵でした。私は三田綱町に住み、いまも白金台におりますが、諭吉の散歩道は日頃通る道ですのでこれからは意識して歩こうと思います。
  • ◆ご観覧日 1月28日(水)
    ◆満足度  満足した
    ◆印象に残った展示  第5部 わかちあう公
    ◆印象に残った展示(具体的に) 
    官におもねらない心
    ◆ご感想、コメント 
    もっと早くに諭吉の業績を知っていればよかった。自らの勉強不足を恥かしいと思った。
  • ◆ご観覧日 1月24日(土)
    ◆満足度  とても満足した
    ◆印象に残った展示  第4部 きりひらく実業
    ◆印象に残った展示(具体的に) 
    自分が産まれてから知らずと影響を受けてきた「この世界を作ってきた人々」の心意気に出会えたような気がしました。
    ◆ご感想、コメント 
    この展示会で、福沢諭吉と、彼に励まされ「新しい世界」を開拓して行った人々から自分が受けてきた多大な恩恵の存在を知ることができ、彼らに対する感謝の心を得ることができました。 わたしも彼らに負けないよう「今」に向き合い果敢に生きて、未来の人々に「気品」を伝えられるような人生にしたいと思いました。
  • ◆ご観覧日 1月24日(土)
    ◆満足度  満足した
    ◆印象に残った展示 第7部 たしかめる共感 福澤門下生による美術コレクション
    ◆印象に残った展示(具体的に) 
    野々村 磁器、福沢先生が持ち帰った乳母車
    ◆ご感想、コメント 
    精緻な技法
  • ◆ご観覧日 2月6日(金)
    ◆満足度  とても満足した
    ◆印象に残った展示 会場(東京国立博物館)
    ◆印象に残った展示(具体的に) 
    すべて印象に残りましたが、特に慶應を創設する前までの展示
    ◆ご感想、コメント 
    私は慶應で学んだ一人ですが、今日改めて福沢先生の偉大さに感服させられました。経済、政治、教育、医療などあらゆる意味でがたがたな日本に福沢先生の教えがものすごく重要であると思います。どんなに困窮しても決して人(国)を頼らず「独立してひねくれず自分を大切にそして自分時と同じように他人も大切に生きていけるような人間」とならなくてはならないという先生の「独立自尊」の精神の高さをこの展示会ではよく示されていたと思います。そして世の中に流されずに自分が正しいと思った生き方を生涯貫いた福沢先生の生きたかも改めて深く胸に刻むことが出来てこれからまた日々の生活の中で頑張る力が沸いてきました。この展覧会を見て今しみじみ慶應で学べたことの幸福を感じております。こういった福沢先生の教えを慶應の中のみでなくこういう展覧会などを通して今の日本全体に知らしめていければまた日本も再生できるのではないかと思いました。
  • ◆ご観覧日 1月27日(火)
    ◆満足度 とても満足した
    ◆印象に残った展示 音声ガイド
    ◆印象に残った展示(具体的に)
    視覚障害者の方が一人で自由に操作ができる音声ガイド(電話式配列のテンキー、「5」に凸点、分かりやすいボタンなど)と落ち着いたナレーションの石坂浩二さんの語りで、展覧会をより深く観覧させていただきました。
    ◆ご感想、コメント 
    大分県中津市には幼い頃3年間住んでいました。ちょうど中津公園を通って幼稚園に通っていましたので、「独立自尊」の碑があったのをはっきりと覚えております。とても親しみを感じておりました福澤諭吉の展覧会では、豊富な写真と遺品の数々、膨大な著書の中からの紹介など、その偉業に圧倒されると共に、現在にも通じる貴重なメッセージが数多くあると感じ入りました。
  • ◆ご観覧日 2月11日(水)
    ◆満足度 とても満足した
    ◆印象に残った展示 第2部 かたりあう人間(じんかん) 
    上原良司「所感」 ――「国賊福澤諭吉」の時代
    ◆ご感想、コメント 
    全体にどれもよく考えられた展示だと思いましたが特に上記は印象深かったです。ジャンルは間違えているかもしれませんが。100周年、125周年、150周年と経験してきましたので写真等では何回も見たものはたくさんありましたが、それを実物で見られたのは素晴らしいことでした。股引きなど実際に先生が使われていたものも拝見できてより身近に感じました。よくこんなに残っていましたね。感激です。
  • ◆ご観覧日 1月10日(土)
    ◆満足度 とても満足した
    ◆印象に残った展示 第3部 ふかめゆく智徳
    ◆ご感想、コメント 
    大変沢山の資料により福澤諭吉の全貌、またエピソードなど、愉しく拝見しました。門下生の美術品のコレクションは、すばらしかったです。
  • ◆ご観覧日 2月13日(金)
    ◆満足度 とても満足した
    ◆印象に残った展示 第1部 あゆみだす身体
    ◆印象に残った展示(具体的に) 
    福澤先生というと、学問一辺倒というイメージでしたが、これほど健康、体力に気をつかっておられたとは思わなかった。
    ◆ご感想、コメント 
    仕事柄、大隈重信についてかかわることが多いのですが、在野精神という意味ではむしろ大隈重信を超えるものがある。新しい国を自由民権の精神で打ち立てようという思いはやはり福澤先生にかなうものはないと感じました。
2009/02/23 15:41:58
未来をひらく福澤諭吉展 2009 東京,福岡,大阪

最近のエントリー(記事)

カレンダー

2009年10月

S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ページの先頭へ