慶應義塾 創立150周年記念 未来をひらく 福澤諭吉展(福沢諭吉展)

大阪展 関連情報
8月4日(火)〜9月6日(日)大阪市立美術館(天王寺公園内)で開催

« 福澤の時代の賑わいを再現 大阪歴史博物館 |メイン| 福澤が生まれた蔵屋敷の歴史 なにわと海の時空館(大阪市立海洋博物館) »

福澤の時代の町並みヘ 住まいのミュージアム・大阪くらしの今昔館

Dsc01059_2 大阪市北区天神橋6丁目4-20 

大阪市立住まいのミュージアム

地下鉄谷町線・堺筋線、阪急線「天神橋筋六丁目」駅下車
3号出口より住まい情報センター建物の地階へ連絡、エレベーターで8階へ

  

江戸時代、政治の中心は江戸に移ったものの商業の中心は依然として大坂であり諸藩の蔵屋敷は大坂に集中していました。福沢諭吉は、豊前国中津藩士の子として大坂堂島浜(大阪府大阪市福島区福島1丁目)の蔵屋敷で生まれ、後に適塾(大阪市中央区北浜3丁目)で学びました。

大阪市立住まいのミュージアムでは、1830年代(福沢諭吉の生年は1835年)の大坂の町が約1100平方メートルの空間に再現されています。

  • 木戸門から一歩町の中へ。
  • 通りの両側には、風呂屋、本屋、建具屋、小間物屋、唐物屋、呉服屋、薬屋。
  • ひときわ高い火の見櫓が立つのは町会所。
  • 路地を抜けると裏長屋の庶民の生活。

  

福澤が生きた時代の日常の生活を五感で仮想体感できるでしょうか。

2009/06/23 11:15:00
未来をひらく福澤諭吉展 2009 東京,福岡,大阪

最近のエントリー(記事)

カレンダー

2009年10月

S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ページの先頭へ