慶應義塾 創立150周年記念 未来をひらく 福澤諭吉展(福沢諭吉展)

大阪展 関連情報
8月4日(火)〜9月6日(日)大阪市立美術館(天王寺公園内)で開催

« 福澤の時代の町並みヘ 住まいのミュージアム・大阪くらしの今昔館 |メイン| 福澤諭吉 誕生地 (中津藩蔵屋敷の跡) »

福澤が生まれた蔵屋敷の歴史 なにわと海の時空館(大阪市立海洋博物館)

Dsc00952s 大阪市住之江区南港北2丁目5番20号

なにわと海の時空館

市営地下鉄中央線 コスモスクエア駅下車 1号出口より約650m

江戸時代、政治の中心は江戸に移ったものの商業の中心は依然として大坂であり諸藩の蔵屋敷は大坂に集中していました。
福沢諭吉は、豊前国中津藩士の子として大坂堂島浜(大阪府大阪市福島区福島1丁目)蔵屋敷で生まれました。後に適塾で福澤の師となる緒方洪庵も
備中国足守藩士だった父が大坂蔵屋敷留守居役となり共に大坂に出てきました。経済の力は、多くの才能を集める要因ともなったのです。

Dsc00972 なにわと海の時空館では、蔵屋敷が立ち並ぶ大阪の町の様子と全国的な流通を支えた水運の発展を解説しています。東京-大阪の海運を担った菱垣廻船が実物大で再現されています。

  中津(九州)と大阪、大阪と江戸。

福澤も海運ネットワークを使って知見の幅を広げ、さらに世界へと旅立ったのです。

 

2009/06/23 11:17:48
未来をひらく福澤諭吉展 2009 東京,福岡,大阪

最近のエントリー(記事)

カレンダー

2009年10月

S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ページの先頭へ