大阪会場 2008/6/7 (土)「ニュースという『知識』」

講演会TOPへ

2008/5/28 | 講演者からのメッセージと参考図書を掲載しました。

■講演についてひとこと

大石 裕さん
ミャンマーをサイクロンが襲い、中国で大地震が起きました。メディアはこうした出来事を必死に伝えています。でも、そこには様々な「障害」があるのも事実です。そして、メディアのニュースの伝え方、私たちのニュースの受け取り方には、一種の「作法」があります。そうした「障害」や「作法」を知ること、それがニュースを読むための最初の一歩だと思います。このフォーラムを通じて、皆さんと一緒にその一歩を踏み出すことができたらと思っています。

橋本 五郎さん
「わかりやすく ためになって おもしろい」とおもっていただけるお話をしたいと思っています

■講演を聴く前の事前学習にお薦めの本

大石 裕さん
・大石裕、藤田真文、岩田温著 『現代ニュース論』 有斐閣
・大石裕編著 『ジャーナリズムと権力』 世界思想社
・蒲島郁夫、竹下俊郎、芹川洋一著 『メディアと政治』 有斐閣

橋本 五郎さん
・読売新聞東京本社教育支援部編 『ジャーナリストという仕事』 中央公論新社

■講演後に読むことで、より講演内容が活き、視野を拡げることが出来る本のご紹介

大石 裕さん
・大石裕著 『ジャーナリズムとメディア言説』 勁草書房
・大石裕、山本信人編著 『メディア・ナショナリズムのゆくえ』 朝日新聞社
・読売新聞社調査研究本部編 『提言報道』 中央公論新社
・外岡秀俊著 『傍観者からの手紙』 みすず書房

橋本 五郎さん
塩野七生さんの一連の著作。この意味は講演でお話します。

一覧へもどる
PAGE TOP