札幌会場 2007年9月9日(日) 「地域力あふれる豊かな社会を目指して 」

講演会TOPへ

2007/9/19 | 「学問のすゝめ21」(札幌会場)を開催しました 。

9月9日(日)、創立150年記念講演会「学問のすゝめ21」が、札幌会場(道新ホール)にて開催されました。

会場ごとにテーマを設定し、分野の異なる3人の方が講演をしていますが、今回は「地域力あふれる豊かな社会をめざして」をテーマに、和気洋子商学部教授、隈研吾理工学部教授、手嶋龍一システムデザイン・マネジメント研究センター教授による講演でした。

和気教授は「グローバリゼーションと地域社会」と題し、グローバルル化が進む社会の中で日本の活性のためのコミュニティ形成の重要性をお話いただき、隈教授は「負ける建築-リソースを活かした街のデザイン-」と題して、20世紀の建築様式のデザインや流行を追う「勝つ建築」から21世紀は環境をデザインする「負ける建築」へと移行していることを実際の例を挙げながらお話いただきました。
また、手嶋教授には「北の大地から世界へ」との題で、国家の中で政治的に文化的に地域社会が独立し、リーダーシップをとることの必要性をお話いただきました。

当日は、約600名の方々が熱心に講演に耳を傾けていらっしゃいました。
講演会にご参加いただきました方々、誠にありがとうございました。

01230172_201340132

01820228_202070342_2

026302950341_20326

▼司会の林美香子さん(キャスター、フードジャーナリスト)
0099

▼会場ロビーにて創立150年記念グッズと書籍の販売を行いました。
001500190022

※創立150年記念グッズは通信販売も行っています。 http://goods.keio150.jp/

一覧へもどる
PAGE TOP