静岡会場 2008/1/19(土)「世界の中で日本の外交を考える」

文化の継承-変わりゆくもの 変わらないもの-
日本の外交は、自らの戦略に基づいて積極的な外交を遂行してきたというよりも、受け身で、事件対応型であると批判されてきた。このため、日米同盟の強化と国連をはじめとする国際協調、近隣諸国との関係強化といった従来の柱に加えて、自由、民主主義、基本的人権、法の支配、市場経済といった「普遍的価値」を重視しつつ、「自由と繁栄の弧」を形成することを新たな日本外交の柱として位置付け、自ら主張する外交を展開し始めていた。しかし、「戦後レジームからの脱却」と「美しい日本」を唱えていた安倍首相が政権を突然投げ出したことによって、日本の信頼まで問われる事態になっている。
本講演会では、これからの日本外交のありかたを考察してみたい。

新着情報

2008/12/1

東京会場(2008/9/23開催)の模様がテレビ放映されます。
12/7(日)18時~19時、NHK教育テレビ
学問のすゝめ21シリーズ史上最高となる2700名に参加いただいたパネルディスカッションの様子を、1時間に凝縮してお届けします。

2008/4/24
講演会の模様が、静岡新聞に掲載されました。
2008/2/20
当日の講演会の様子をビデオでご覧いただけます。
新着情報一覧へ

開催概要

どなたでもご参加いただけます。(入場料・事前登録制)
日程:
2008年1月19日(土)
場所:
静岡市民文化会館
http://www17.ocn.ne.jp/~bnk1103/page019.html
〒420-0856 静岡市葵区駿府町2番90号
時間:
午後12時30分開場
午後13時30分開演
主催:
慶應義塾
共催:
静岡新聞社・静岡放送
後援:
静岡県、静岡県教育委員会、静岡市、静岡市教育委員会
特別協力:
静岡三田会、浜松三田会、沼津三田会、岳南三田会、三島三田会、伊東三田会、熱海三田会、掛川三田会、伊豆三田会
プログラム(予定)

※変更になる場合がございます。予めご了承ください。

12:30~ 開場
13:30~ 開会挨拶
13:45~ 講演

「日米同盟と海上自衛隊の役割」

阿川 尚之 (慶應義塾大学 総合政策学部長)
14:25~ 講演

「東アジア情勢と日本の近隣外交―自画像の揺れをどう正すか」

添谷 芳秀 (慶應義塾大学 法学部教授)
15:05~ 講演

「世界の中のクール・ジャパン~再成長のエンジンに」

嶌 信彦 (ジャーナリスト)

15:45~

休憩(20分)

16:05~ パネルディスカッション

「世界の中で日本の外交を考える」

コーディネーター 牛尾 奈緒美(明治大学 情報コミュニケーション学部准教授)
17:15~ 終了予定
PAGE TOP