高松会場 2008/5/25 (日)「日本の政治経済を考える」

日本の政治経済を考える
昨年7月の参議院議員選挙の結果両院で多数派が異なる「ねじれ」現象が生まれ、政治は膠着状態に陥った。一方、経済面でも米国のサブプライム・ローン問題に起因する株価の大幅下落や、円高、物価上昇など不安要素が多い。戦後体制からの脱却を目指した安部内閣は、結局政権を放り出し、後を継いだ福田内閣も明解なヴィジョンを提示するにいたっていない今日、いったいこれからの政治経済はどうなるのだろうか。また、どうあるべきなのか。
本講演がこれからの政治、経済を考えるきっかけになれば幸いである。

新着情報

2009/3/10
講演会の模様が、四國新聞に掲載されました。
2008/12/1

東京会場(2008/9/23開催)の模様がテレビ放映されます。
12/7(日)18時~19時、NHK教育テレビ
学問のすゝめ21シリーズ史上最高となる2700名に参加いただいたパネルディスカッションの様子を、1時間に凝縮してお届けします。

2008/8/20
当日の講演会の様子をビデオでご覧いただけます。
新着情報一覧へ

開催概要

どなたでもご参加いただけます。(入場料・事前登録制)
日程:
2008年5月25日(日)
場所:
サンポートホール高松 大ホール
http://www.sunport-hall.jp/shisetu/access.htm
〒760-0019 香川県高松市サンポート2番1号
時間:
12時30分開場
13時30分開演
主催:
慶應義塾
共催:
四國新聞社
後援:
香川県、高松市
特別協力:
讃岐三田会、四国連合三田会
プログラム(予定)

※変更になる場合がございます。予めご了承ください。

12:30~ 開場
13:30~ 開会挨拶
13:45~ 講演

「日本政治の行方」

小林 良彰(慶應義塾大学 法学部教授)
14:20~ 講演

「地方分権改革は進んだか」

片山 善博(慶應義塾大学 法学部教授)
14:55~ 講演

「日本経済と改革のこれから」

竹中 平蔵(慶應義塾大学大学院 メディアデザイン研究科教授)
15:30~ 休憩(20分)
15:50~ 講演者鼎談

「日本の政治経済を考える」

進行:小林良彰教授
17:00~ 終了予定
PAGE TOP