トップページサイトマップEnglish site

慶應義塾

トップページ > 学問のすゝめ21 メルマガ > 創刊のごあいさつ

学問のすゝめ21 メルマガ

「学問のすゝめ21 メルマガ」では、現在の慶應義塾の「知」を発信するとともに、皆様とともに「学ぶ」楽しさを再発見するきっかけをご提供できればと考えています。

特集バックナンバー


創刊のごあいさつ

日頃は慶應義塾の活動にご賛同・ご協力いただき誠にありがとうございます。
慶應義塾はいよいよ来年、創立150年を迎えます。

創立150年記念事業室ではこの8月より、「学問のすゝめ21 メルマガ」を発行することとなりました。

「活用なき学問は無学に等し」、近代日本の曙にあたり、福澤諭吉は『学問のすゝめ』を著し、「学ぶ」ことの新たな意味を指し示しました。
「学問」とは、権威ある知識を蓄えることではなく、事物を在るがままに見る力であり、独立した精神と生活を支える基礎であり、個々人が共に生きる源となるべきものだと考えたのでした。

時代は変わり、社会には知識があふれ、IT技術の進歩により学ぶ機会も方法も増えました。
しかし、今、私たちは、新時代を「学問」に賭けた福澤の、あの清新な情熱を持っているでしょうか。
『学問のすゝめ』以来、130余年。いまいちど、「学ぶ」ことの意義と若々しさを、問い直すべき時期が来ているのではないでしょうか。
このメールマガジンでは、現在の慶應義塾の「知」を発信するとともに、皆様とともに「学問」の深さと楽しさを再発見する機会を提供できればと考えています。

21世紀の現代社会が抱えるさまざまな課題や問題を身近な視点から切り取る特集を始め、創立150年記念イベントや慶應義塾の情報、グッズ新商品の紹介などを月に1回程度お送りしていきます。
今後ともご愛読いただきますようよろしくお願いいたします。









特集バックナンバー