総合リーダー  久米吉之助(41)              イベント: 富士山麓(10/24〜26)
実行隊長    松永 節也(41) 鎌倉ワンデルング(11/2)
事務局長    田中 透(41)
行 事
1班  静岡〜由比 10月18日〜10月20日 静岡三田会(9/9)現役下山時
L:松永(41) SL:久米41)
2班  由比〜沼津 10月20日〜10月23日
L::平木(41) SL:田中(41)
3班  沼津〜箱根湯元   10月26日〜10月28日 沼津三田会(10/23)
L:相川(41) SL:秤(41)
4班  箱根湯元〜茅ヶ崎   10月28日〜10月31日 小田原三田会
L:下井(41) SL:今井(41) 茅ヶ崎三田会
5班  茅ヶ崎〜保土ヶ谷 10月31日〜11月3日 藤沢三田会
L:斉藤(41) SL:佐藤昇(41) 鎌倉三田会
6班  保土ヶ谷〜三田 11月3日〜11月8日
L:鈴木孝(41) SL:浅輪(41)
  
  
 
   
 
第8ブッロク 1班コースガイダンス
各班リーダーがコース詳細説明、見どころ、食べどころ、泊まりどころ他と地域三田会交流をご案内いたします。
8 月 日 曜日 出発地点 到着地点 距離数 宿泊地 宿泊所 リーダー サブ 三田会
1班 9月9日 *現役下山日 静岡三田会と交換会 静岡 松永(41) 久米(41) 静岡三田会
10月18日 静岡 久能山 12Km 久能山 駿府夢広場 松永(41) 久米(41)
10月19日 久能山 興津 12Km 興津温泉 興津健康ランド
10月20日 興津 由比 6Km
30Km 2泊3日
<参加予定者> (卒)   延べ20名                  後方支援 静岡三田会より
松永(41)・松永千(夫人)、久米(41)、久米行(41)、翠川(41)、高木(41)、柏木(41)、柏木民(夫人)、
長谷川(29)、岩田(33)、望月(43)、山田(49)、西尾(H6)、三橋(H8)、
*KWV静岡三田会数名、静岡三田会2名、松永知人2名
10月18日(土) 12Km 
 静岡中心街の浅間神社を静岡三田会メンバーに送られスタートします。旧東海道を通り日本平のふもとを
 巡り一路駿河湾を見渡す久能海岸へ出て一日目の宿泊地「夢広場」に到着します。
 ここで荷物をデポ、空身にて久能山東照宮へ向かいます。海岸より1300段の階段を踏みしめて登りきると
 そこは日光に勝るとも劣らない家康の墓所、久能山東照宮です。はるかかなたに駿河湾の絶景が広がり
 ます。「家康の遺言」が納得できてしまうような景観美をご堪能下さい。帰館したら温泉三昧に浸りましょう。
 初日ルートは「徳川の歴史」探訪の散策コースです。
10月19日(日) 12Km
 久能海岸の遊歩道をはるか伊豆半島を望みながら駿河湾沿いに三保をめざします。そこからコースを清水
 港の内海散策道路に変えて東上し、「エスパレスドリームプラザ」を見学、散策路から旧東海道へ入ります。
 旧東海道をぶらりぶらりと歩き、興津入口で堂々たる寺構えの「清見寺」を拝観、「500羅漢さん」が有名
 です。又、直ぐ近くには西園寺公望公の「坐漁荘」もあり、是非寄って行きたいと思います。
 落ち着いた興津の魅力的な街並を楽しみながら本日の宿泊地「興津健康ランド」へはあと2Kmです。
 夜は是非、地元割烹「新生丸」で駿河湾の地魚料理を食しながら一杯といきましょう!
10月20日(月)  6km
 いよいよ1班のクライマックス・ディ、東海道53次で有名な「広重」版画の見所、薩多峠越えです。
 東海道遊歩道を細い道沿いに登る事20分、峠の頂に立つとそこは広重の世界です。駿河湾に浮かぶ
 霊峰富士が目の前に広がる東海一の絶景ポイントです。しばし富士の雄大な姿をシャッターで捉えたら
 又、細い旧東海道を往時を偲びながらゆっくりと下りましょう。行き先々の宿場町屋の雰囲気を楽しみな
 がら歩いて行けば第2班が待っている「由比宿」はもうすぐそこです。
<リーダーからのひとこと>
 歩いて、知って、味わう東海道の自然の旅、観光旅行では絶対に不可能なコースを無理なく歩きます。
 富士山と駿河湾をバックに、駿河の自然と歴史を歩いて楽しく勉強しながらいろいろ知りましょう。
 地元の者でしか知らない地魚、さくらえびも見逃せませんよ。
 

 
 
第8ブッロク 2班コースガイダンス
各班リーダーからコース詳細説明、見どころ、食べどころ、泊まりどころ他と地域三田会交流をご案内いたします。
8 月 日 曜日 出発地点 到着地点 距離数 宿泊地 宿泊所 リーダー サブ 三田会
2班 10月20日 由比 中継 由比 平木(41) 田中(41)
10月21日 由比 富士川 9Km 由比 西川旅館
10月22日 富士川 吉原 14Km 吉原本町 旅館・美波
10月23日 吉原 沼津 15Km 沼津三田会
38Km 2泊3日
<参加予定者> (卒)   12名      後方支援 後藤(41)
安藤(41)、寺島(41)、土志田(41)、横山(41)、松永(41)、松永千(夫人)、田中ひ(42)、
鈴木正太(平木友人)、石原夫・妻(平木友人)、
<コースガイダンス>
10月21日(火) <実働約6時間>
  東京駅発8:06新幹線→JR東海道「由比駅」9:37着&集合を予定。名古屋、大阪からも当日参加可能
  由比〜蒲原〜富士川と旧東海道を辿ります。由比町で「広重美術館」を鑑賞し、東海道五十三次を中心に
  浮世絵を勉強。第2班は広重にちなんだ名所が3箇所あります。由比町は由比正雪の出身地としても有名。
  蒲原町は旧東海道の街並みが最も多く又良く保存されて見所多数。又、昼食には「町並み保存会」の方々
  が作る「江戸ご膳」を食べたいと考えています。浮世絵「雪の蒲原」などを見て富士川駅まで歩きます。
  由比へ戻り「西川旅館」へ。10月は名物「桜えび」の漁期、旬の桜えびフルコースが堪能できるはずです。
10月22日(水) <実働約8時間>
  8時頃JRで「富士川駅」まで戻り、富士川町〜富士川〜富士市〜吉原駅まで旧東海道を辿ります。
  旧東海道も現代の街並みの中を通るようになりますが、それでも各所に面影を残していて飽きません。
  道すがら、旧脇本陣・常盤邸(女優常盤孝子の祖父母の家)、富士川の渡し場跡、随所に秋葉・常夜灯、
  札の辻跡、芭蕉句碑、道祖神、が見つかります。
  本日の見所は「平家越跡=源平の初戦場」と「広重浮世絵・左富士」です。歴史と昔の旅行が思われます。
  吉原駅から鉄道ファン垂涎の「岳南鉄道」で二駅戻り(吉原本町駅)ビジネス旅館・美波で宿泊します。
10月23日(木) <実働6時間>
  7時頃「岳南鉄道」で吉原駅へ戻ります。吉原〜東田子の浦〜原〜沼津を歩きます。
  今日の旧東海道は交通量も多く街並みも平坦ですので、本道を少し離れ、富士山と駿河湾を堪能できる
  駿河湾を眼下にして歩く防潮提の上か、有名な千本松原の遊歩道を歩きます。
  昨年の調査行の時は晴天で駿河湾と富士山の眺めに5時間の歩行の疲れも感じませんでした。
  1時過ぎに沼津港で有名な寿司街で本場の「沼津港すし」を味わいたいと思います。
  反省会を含め、豪華な昼食後、沼津中央公園=沼津城址跡で第3班へバトンタッチします。
  4時までには沼津駅へ着けます。
  当日、沼津三田会との交流会もあります。又翌日からの朝霧高原イベントもKWVの歴史に残るイベント
  になると思いますのでぜひ継続参加をお勧め致します。
<リーダーからのひとこと>
  実際に歩いてみて、150年前、福沢諭吉先生が何度も往復した当時もこのコースは多分「風景と味覚」を
  楽しんだ道であったはずと思います。
  150年後の我々も、風景と味覚が堪能できる事は上記ガイダンス通りですが、その上に「旧東海道」が
  最もよくのこる歴史と、広重の「浮世絵の世界」を学べ、知的好奇心も満足させてくれるコースです。
  蒲原での「江戸ご膳」(江戸時代の復刻食膳)は15名からの予約ですのでご参加お願い致します。
  初日の21日だけでも楽しめると思います。

 


第8ブッロク 3班コースガイダンス
各班リーダーがコース詳細説明、見どころ、食べどころ、泊まりどころ他と地域三田会交流をご案内いたします。
8 月 日 曜日 出発地点 到着地点 距離数 宿泊地 宿泊所 リーダー サブ 三田会
3班 10月23日 沼津 中継 沼津 沼津三田会
・10/24(金)〜10/26(日)2泊3日「朝霧野外活動センター」富士山麓野外奉仕活動 田中(41) 吉川(H4) 山の自然学クラブ
10月26日 沼津 三島 8Km 三島 かのや 相川(41) 秤(41)
10月27日 三島 箱根町 17Km 箱根町 夕霧荘
10月28日 箱根町 箱根湯本 16Km
41Km 2泊3日
<参加予定者> (卒) 8名    後方支援 後藤(41)
藤本(41)、島田(41)、久米吉(41)、松本恭(34)山崎(43)、望月(43)、村上(25)28日
<コースガイダンス>
10月26日(日) 
 朝霧高原での奉仕活動に接続します。13時沼津駅南口出発。初めは狩野川土手、玉砥石1里塚から東海
 道旧街道に入ります。源兄弟再会の八幡神社、宝池寺1里塚、千貫樋等の旧跡に立寄り、甘味処で一休み。
 三島の宿は、富士の湧き水の流れる「かのや」。三島大社に参拝して安全祈願します。 <歩行約3時間>
10月27日(月)
 いよいよ箱根越えです。8時宿舎発。三島から参加の人は三島駅で待合せ。愛宕坂からなだらかな坂道が
 続きます。ほぼ舗装された歩きやすい道、松林、竹林、大根畑、所々に石畳と昔の旅の風情も味わえます。
 前半は錦田・笹原新田の1里塚、法善寺、松雲寺、富士見平(芭蕉の句碑)等に立ち寄り、お昼は山中城
 跡で休みます。後半は少し山道らしい細い道です。雲助徳利の墓、念仏石、甲石等にお参りし、箱根峠にで
 れば登りはお終い、芦ノ湖をめざして下ります。今夜の宿は箱根関所に近い和風旅館「夕霧荘」。温泉でゆっ
 くりくつろぎましょう。  <歩行約6時間>
10月28日(火)
 箱根越え2日目は下り道が主となります。宿を朝8時出発。芦ノ湖湖畔の名所の杉並木、箱根神社を経て
 約1時間程の登り、甘酒茶屋、旧街道資料館で一休み。ここから湯本までずっと下り。林の中や石畳道、
 つづら折れと変化があります。見晴し茶屋、畑宿1里塚、寄木細工館等見所も。須賀川沿いの奥湯本温泉
 旅館街までくれば湯本はすぐ近くです。湯本の街で昼食をとり、小田急・箱根湯本駅前で次の第4班にバト
 ンタッチします。  <歩行約4時間>
<リーダーからのひとこと>
 第3班は朝霧高原集会の解散に引き続き歩けるのもメリット。日曜1日のみ参加も歓迎です。               
 コースのメインは箱根越えです。江戸時代には旅の荷物を抱えての大井川と箱根越えは難所でした。
 時代は移り、すっかり歩きやすくなりました。自然はまだ残っており、杉並木や石畳道に昔の趣が感じとれます。
 街道筋でも山越えはワンダー向き。若干の緊張が刺激となります。
 平地歩きでは物足りない、静かにじっくり歩きたい、箱根越えは初めて、という方、どんどん参加してください。
 一緒に歩きましょう。


第8ブッロク 4班コースガイダンス
    各班リーダーがコース詳細説明、見どころ、食べどころ、泊まりどころ他と地域三田会交流をご案内いたします。
8 月 日 曜日 出発地点 到着地点 距離数 宿泊地 宿泊所 リーダー サブ 三田会
4班 10月28日 箱根湯本 中継 日帰り 下井(41) 今井(41)
10月29日 箱根湯本 小田原 7Km 小田原 小伊勢屋 小田原三田会
10月30日 小田原 大磯 17Km 大磯 つるや旅館
10月31日 大磯 茅ヶ崎 12Km 茅ヶ崎三田会
36Km 2泊3日
<参加予定者> (卒)   6から7名                     後方支援 塚田(33)
久米吉(41)、炭竃(41)、多田(39)29日のみ。
石渡(46)日程は未定。
10月29日(水)
小田急・箱根湯本駅に12:50昼食を済ませて集合。そこから温泉街を後にして箱根東坂の旧街道を一号線と交互
荷小田原へ下ります。小田原城を見学してから16:30ごろ宿へ。夕方小田原三田会と交流会を持ちます。
 <歩行7Km/約2時間>
10月30日(木)
 小田原は江戸時代、城下町であり東海道最大の宿場町でもありました。宮前町、大工町、青物市場、など
 小田原は江戸時代、城下町であり東海道最大の宿場町でもありました。宮前町、大工町、青物市場、など
スタートは小田原駅東口交番前9時。小田原駅からの参加が可能です。大磯まで旧道を中心に歩きます。
途中で地魚で昼食。松並木の残っている大磯まで来て城山公園、吉田茂銅像、も見学しましょう。
大磯は湘南の発祥地。16:30頃宿へ到着。
 <歩行17Km/約5時間>
10月31日(金)
 スタートは大磯駅前に9時集合。大磯駅から日帰り参加可能です。午前中、市内の名所旧跡、鴫立庵、澤田美喜
記念館、島崎藤村旧居等を訪れます。昼食を済ませたら、旧街道を化粧坂の松並木を楽しみながら進みます。
しばらく歩いて行くと昔、驚いた馬が頼朝を振り落として川に飛び込んだという馬入川を渡ります。そこからは街道を
離れ、柳島から湘南随一の歩行者自転車専用道を海を見ながら茅ヶ崎へ向います。柳島から茅ヶ崎三田会の方達
が参加予定。絶好のウォーキングコースです。16:30頃茅ヶ崎到着。夕方は茅ヶ崎三田会との交流会があります。
 茅ヶ崎三田会の新進気鋭のアーティストを支援するパーティーに5班のメンバー達も合流して楽しみます。
 茅ヶ崎三田会の重鎮はKWV吉澤先輩(S35)です。 中村大先輩も所属。 パーティー終了後夜解散です。
 <歩行12Km/約3時間>
<リーダーからのひとこと>
 旧東海道を中心に江戸時代に戻った気分で、途中歴史探訪も交えながら、ゆっくりと箱根と湘南のウォ−キング
 を楽しみ、150周年をかみ締め、そして祝いたいと思います。
 小田原から大磯までだけの参加、大磯から茅ヶ崎までだけの参加など途中参加大歓迎です。


第8ブロック 5班コースガイダンス
    各班リーダーがコース詳細説明、見どころ、食べどころ、泊まりどころ他と地域三田会交流をご案内いたします。
8 月 日 曜日 出発地点 到着地点 距離数 宿泊地 宿泊所 リーダー サブ 三田会
5班 11月1日 茅ヶ崎 長谷 16km 日帰り 斉藤(41) 佐藤(41) 藤沢三田会
11月2日 長谷 大船 13Km 日帰り
11月3日 大船 保土ヶ谷 17Km 日帰り
46Km 3日間日帰
<参加予定者> (卒)     17名                 後方支援 手塚(41)
中尾(33)、黒澤(33)、田村(33)、久米吉(41)、久米(行)(41)、秤(41)、安藤(41)、佐藤公41)、西尾(H6)
津守、秋園、植原、臼井、奥村(H19)
<コースガイダンス>
11月1日(土)
 茅ヶ崎駅発(10:00)〜東海岸(湘南海岸遊歩道)〜鵠沼海岸〜江ノ島入口〜江ノ島(昼食・休憩)〜
 七里ガ浜〜稲村が崎〜由比ヶ浜〜長谷駅着(15:30) 
 走行距離 16km 実動時間 4時間30分
 見どころー富士山を背に湘南海岸遊歩道を江ノ島を眺めながらのワンデルング。
 食べどころー江ノ島にて昼食は見かけは左程ではないが、地場の魚が実に美味い店があり、是非お試し
 下さい。 夕べに藤沢三田会との交流を予定してます。
11月2日(日)
 長谷駅発(10:00)〜大仏見学〜鎌倉駅〜鶴岡八幡宮〜鎌倉宮〜瑞泉寺(鎌倉アルプス天園ハイキング
 コース入口)〜天園休憩所(昼食)〜大平山〜建長寺〜北鎌倉駅〜大船駅着(15:00)
 走行距離 13Km 実働時間 4時間15分
 見どころー古都鎌倉を代表する鎌倉大仏、鶴岡八幡宮を拝観し、鎌倉アルプスのメインコースである天園
 ハイキングコースに挑戦。結構登り、下りが厳しいが充実感は楽しめます。S33卒(L.中尾さん)別途企画
 の「鎌倉日帰りワンデルング」部隊と大平山直下で合流、お互いの健闘を讃え、しばし交流をはかります。
11月3日(月)祝日−文化の日 
 大船駅発(10:00)〜柏尾川沿い遊歩道〜住友電工〜金井公園〜日立製作所〜戸塚駅〜吉田大橋〜
 国道1号線〜不動坂〜権太坂上〜保土ヶ谷駅着(15:30)
 走行距離 17km 実動時間 4時間30分
 見どころー戸塚、保土ヶ谷は東海道五十三次の宿場町として栄えた町で、その昔を偲ばせる旧跡があり。
 野次さん、喜多さんを想いながら、また箱根駅伝の選手諸君の奮闘を思い出して保土ヶ谷駅へのゴール
 を目指して頑張りましょう。 
  
<リーダーからのひとこと>
 秋の一日、湘南の海と鎌倉の散策が楽しい思い出と記念になる様、参加の皆様と創ってまいりましょう。
 S33・シニアー企画「鎌倉日帰りワンデルング」隊との合流・懇親会も楽しみです。
 古都鎌倉の美味しい料理にも出会えたら嬉しいですね!
 是非、皆様ご参加下さい。


第8ブッロク 6班コースガイダンス
    各班リーダーがコース詳細説明、見どころ、食べどころ、泊まりどころ他と地域三田会交流をご案内いたします。
8 月 日 曜日 出発地点 到着地点 距離数 宿泊地 宿泊所 リーダー サブ 三田会
6班 11月3日 保土ヶ谷 中継 日帰り 鈴木(41) 浅輪(41)
11月4日 保土ヶ谷 綱島 14Km 日帰り
11月8日 綱島 日吉 3Km 日帰り 連合三田会
日吉 三田 15Km 打上式:17:00ヨリ三田生協食堂(西校舎B1F) \4,000
32Km 2日間日帰
<参加予定者> (卒)  *100名以上予測               後方支援 今井(41)
大河原(41)、上野(41)、白旗(41)、秋元(33)、畑(33)、
綱島ー日吉間は吉田(23)以下シニアーW・S41・H年代・他代W多数・一般塾員
<コースガイダンス>
11月4日(火)
 保土ヶ谷駅西口に集合し、午前10時頃旧東海道に沿って出発。広重の浮世絵で有名な旧帷子橋跡を通り、 
 日米修好通商条約後による開港後、アメリカ、フランス、オランダなどの領事館が多く点在した神奈川宿へ。
 浦島伝説のある浦島町より綱島街道に入り、一路綱島へ。
 <歩行14Km/約4時間>
11月8日(土)
 綱島駅東口集合(午前10時)。現役への各地三田会よりのメッセージの引継ぎを行い、いよいよ現役、シニア
 を含めた大勢の参加者とともに塾創立150周年記念式典会場の日吉キャンパスに向け出発。
 日吉キャンパスからは「歩いて識る150年 中津から三田へ1500Km」の最終ゴール三田へ向けて出発。
 綱島ー日吉<歩行3Km/約1時間>
 日吉ー三田<歩行15Km/約4時間>
KWV150年記念事業打ち上げ式が、三田キャンパス生協食堂ホール(三田西校舎B1F)にて17:00〜19:00
 で行われます。参加費¥4,000 事前申し込みが必要です。
 日吉までの方も電車等で三田までお越し下さい。
<リーダーからのひとこと>
 綱島ー日吉間は短い距離ですし、記念式典会場への道です。是非多くの方に参加して頂きたいと思います。
 三田キャンパスへの最終ゴールの前に、善福寺にて福沢先生の墓前に、150周年記念事業の無事完了の
 ご報告と感謝を捧げたいと思います。
 また、ゴール後は三田キャンパス内の打ち上げ式に達成感とともに参加できます。