「東海道を歩いて見る会」の報告
発起人 荒木宏司(39年)、竹田浩己(39年)、吉田忠正(43年)
T.この会の趣旨
 第6ブロック踏破行も盛大に無事に終わり、参加された皆さんには良き思い出として心に深く刻まれました。旧街道歩きがこんなに楽しく、普段気が付かない新しい発見の連続であったことはまさに驚きでした。
 そこで、この余韻が残っているうちに、もっと東海道を歩いてもう一度この感激を味わいたいと思います。150年記念行事では、名古屋〜静岡が空白区間となっており、踏破すればこれを埋めることになります。
 どうせ歩くなら、第8ブロックの出発日10月18日(土)までに踏破し、静岡浅間神社で第1班の皆さんを激励し見送りたいと思います。
 このプランはKWV三田会東海支部としてのプランではなく、自主的な興味のある人の自由参加によるものです。従って、KWVのOBだけでなく、奥様や友人などの参加も大歓迎です。このプランの名称は「東海道を歩いて見る会」とします。
 
U.実施方法
 ・区間は名古屋観光ホテル〜静岡浅間神社(200km)とし、旧東海道にこだわって歩き、
10月18日(土)までに踏破する。
 ・働いている人が参加しやすいように、歩行日は土曜、日曜、休日とする。
 ・ショットガン方式(区間を分担して歩く方式)を採用し、1日に35km前後
  (約13km/1人)を歩く。サポートカー1台を使用する。

V.日程、参加者及びコース(実績)
1.概要:全日程を通して雨に降られることが無く、安全・無事に踏破できた。
日 程   コース 距離 人数 通過した23宿場
9/13(土) 名古屋〜岡 崎 40.5km  4 宮、鳴海、池鯉鮒、岡崎
9/15(月) 岡 崎〜二 川 36.5km  4 藤川、赤坂、御油、吉田
9/20(土) 二 川〜浜 松 32 km  6 二川、白須賀、新居、舞阪
9/21(日) 浜 松〜掛 川 36 km  7 浜松、見附、袋井
10/11(土) 掛 川〜金 谷 14.5km 11 掛川、日坂、
10/12(日) 金 谷〜静 岡 38.5km  9 金谷、島田、藤枝、岡部、丸子、府中
10/18(土) 静岡駅〜浅間神社 2 km  2 (第8ブロックの見送り)
 
 
9月13日(土)
@参加者(4名)
荒木宏司(39年)、中島 新(43年)、吉田忠正(43年)、穂積雅彦(50年)
Aコース(40.5km)
名古屋観光H―宮・七里の渡し―笠寺観音―鳴海―有松・竹田邸―池鯉鮒(知立)―安城―岡崎・伝馬町
・名古屋観光ホテルを出発!!
・竹田邸茶室で竹田夫人が点てた抹茶をご馳走になった。
・知立の松並木は癒してくれる。
・矢作川を越えた八帖町は八丁味噌で有名。
9月15日(月)
@参加者(4名)荒木宏司(39年)、荒木夫人、中島 新(43年)、吉田忠正(43年)
Aコース:(36.5km)岡崎・伝馬町―藤川―赤坂―御油―国府―吉田(豊橋)―二川
・二川駅・全員で岡崎の二十七曲りを歩く。
・松並木を過ぎて藤川宿に入る。
・有名な御油の松並木を過ぎると御油宿。御油宿の追分は姫街道の終点。・豊川を渡ると吉田宿(豊橋)となる。
・二川宿本陣資料館(本陣・旅籠屋せいめいや)を見学した。
 
9月20日(土)
@参加者(6名)
小川義視(33年)、荒木隆司(37年)、荒木宏司(39年)、
中島 新(43年)、得能正徳(47年・静岡)、穂積雅彦(50年) 
Aコース(32km)
二川・二川駅―白須賀・潮見坂―新居―舞阪―浜松・平田町
・新居関所・紀伊国屋(旅籠)・小松楼(芸者置屋)を見学した。
・舞阪宿の脇本陣を見学した。
・舞阪の松並木は大変美しい。
・小川先輩の手配で「ハーベストクラブ浜名湖」に宿泊した。(本日の踏破のお祝いと明日への鋭気を養うため乾杯!乾杯!であった。)
 
9月21日(日)
@参加者(7名)
小川義視(33年)、船曳孝彦(34年)、荒木隆司(37年)、
荒木宏司(39年)、中島 新(43年)、吉田忠正(43年)、
増田芳孝(50年)
Aコース(36km)
浜松・平田町−池田の渡し−見附(磐田)-袋井-掛川・連雀西

・天竜川を渡った池田の渡し跡には池田橋跡・渡船場跡が
 ある。
・見附宿を通って三ヶ野の明治の道を抜けて袋井宿に入る。
・見附宿には姫街道の分岐点があり、浜名湖の北の尾根を
 通って御油宿に至る。
・袋井宿は東海道の真ん中の宿である。
・袋井宿を抜けると、松並木が続く。岡津〜原川間にも松並
 木が残っている。
・全員で掛川城天守閣・御殿を見学した。
 
10月11日(土)
@参加者(11名)
小野謙三(39年・東京)、瀧紘二郎(39年・大阪)、荒木宏司(39年)、見谷紘二(41年)、望月良継(43年・静岡)、
吉田忠正夫妻(43年)、増田芳孝(50年)、水野雅樹(52年)
大石好昭(前金谷町長・増田君の義兄)、
植野 修(かなや観光ボランティア会の会長)
Aコース(14.5km)
掛川・連雀西―日坂―小夜の中山峠―菊川坂(石畳)―諏訪原城跡―金谷坂(石畳)―金谷・金谷駅
・昔の東海道の風情が残っているコースなので全員で歩
 いた。
・大石さん、植野さんは中山峠の茶屋「扇屋」で合流し、
 案内をしてくれた。
・日坂から金谷まではお茶畑が続く。
・昼食は「ゆくら」で美人女将もてなしのそば会席を食
 べた。
・菊川坂石畳(611m)は平成13年に、金谷坂石畳(430m)
 は平成3年に復元された。
・金谷から島田に移動して「ホテルルートイン島田」に宿泊
 した。
10月12日(日)
@参加者(9名)
小野謙三(39年・東京)、瀧紘二郎(39年・大阪)、竹田浩己夫妻(39年)、荒木宏司(39年)、松永節也(41年・静岡)、吉田忠正夫妻(43年)、増田芳孝(50年)
Aコース(38.5km)
金谷・金谷駅―島田―藤枝―岡部―宇津ノ谷峠―丸子―府中(静岡)・浅間神社
  ・大井川を渡って川越遺跡(川会所・番屋など)を見学した。
  ・藤枝市に入ると松並木が残っている。
  ・宇津ノ谷峠は古道「つたの細道」を歩いて越えた。
  ・丸子宿の「丁子屋」で念願の「麦とろろ定食」を食べた。
  ・浅間神社で名古屋〜静岡(200km)を無事踏破し、万歳三唱!!
10月18日(土)
@参加者(2名)
荒木宏司(39年)、中島 新(43年)
Aコース(2km)
静岡駅―浅間神社
・静岡駅から歩いて浅間神社に行き、第8グループ1班の
 出発式に立ち会った。
・この後神社―城内公園―静岡駅まで一緒に歩き、駅前で
 1班の皆さんを激励し、見送った。